みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

会計事務所を選ぶのにヘマして損して、「孫子の兵法」の一節を思い出した(´_`。)

 

f:id:mizue338:20180914201030j:plain

 

他人の欠点を見つけるのは簡単ですが、自分の欠点に気づくのは、たいへん難しいです。

 

よく戦国時代を描いた歴史ドラマや小説などで、ヘマをして戦に負ける武将が出てくると、「バカな奴だな」と思ったりします。

 

自分だったら、絶対にあんなバカなことは、しなかっただろう、と軽蔑します。

 

ところが、ある日、ふと自分のほうが、よっぽどバカだったことに気づきました。

 

よっぽどどころか、何倍もバカだったのです。同じ過ちを何度もやっていたからです。

 

戦国時代の武将のほとんどは、負ければ次がありません。同じ過ちを何度もやる前に死んでしまいます。

 

私は、死なないから同じ過ちを繰り返すわけです。

 

その一つをあげると、会計事務所選びでヘマをしたことです。気が付けば他にも同じ過ちを、何回もやってしまいました (´∩`。)。

 

 

適当に会計事務所を選んで損をした

 

私は11年ほど前に独立して、会社をつくりました。

 

本当は経費が安くすむ個人事業にしたかったのですが、取引先が法人でないと許可してくれないので、会社にしました。

 

そして、よく調べもせず、適当に会計事務所を選んでしまい、後々、大きな損を被ったのでした。

 

その会計事務所は、年間顧問料が約45万円です。ところが最近知ったのですが、知人がお世話になっている会計事務所は、年間10万円です。

 

私はビックリしました。な、なんと35万円も安いのです。

 

11年間で計算すると、385万円にもなります。ウワーッ、と悲鳴をあげたくなりました。

 

385万円を貯金にまわしていたら、どんなに良かったことだろう、と悔やみました。なので、昨年、私も年間顧問料10万円の会計事務所にかえました。

 

f:id:mizue338:20180914201135j:plain

 

45万円の会計事務所は、社員が何人もいるので、税理士資格のない若いアシスタントが担当していました。

 

10万円の会計事務所は、一人で経営しているので、直接、税理士が担当してくれます。

 

そして、アシスタントと税理士では、とても差があることがわかりました。

 

とくに税理士試験の合格を目指しているアシスタントは、試験のことが気になるのか仕事に身が入っていない感じです。質問しても、あやふやな答えがやたらと多いです。

 

それに比べて現役の税理士は、やはり違います。すべての質問に対して、明確にテキパキ答えてくれます。さすが税理士、やはりプロだと感心させられました。

 

つまり、顧問料45万円でサービスが悪い、顧問料10万円でサービスが良い、ということなのです。

 

私の会社規模なら、年間顧問料10万円で十分、対処できるのですが、孫子の兵法の一節「敵を知り、己を知れば、百戦、危うからず」と逆のことをやって、損した典型といえますね(-_-)。

 

 

敵(環境)を知るより己(自分)を知ることの方が難しい

 

日本では「敵を知り、己を知れば、百戦、危うからず」ですが、中国では「己」が先にきて、「己を知り、敵を知れば、百戦、危うからず」と読みます。

 

理由は、敵を知るより、自分を知るほうが難しいからです。

 

本当にそうです!

 

私は、会計事務所の選び方を間違え、損をしましたが、それと同じような失敗を何度もやっています。

 

失敗から学ぶことができなかったのです。

 

f:id:mizue338:20180914201223j:plain

衝動的に物事を決めてしまう、という自分の欠点に気がつかなかったのです。まさに「己を知る」ことの難しさを、いま、実感しています。

 

いまごろ実感しても遅すぎるかな、と思ったりもしますが、前向きにとらえていきたいと考えています。

 

うん、だから明日も、仕事、がんばるぞ\(^ ^)/

 

 

ひとこと

 

中国の古典は、やはり素晴らしいです。先人の残した教えは、大切ですね。