みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

幕末、薩摩藩と関東の不思議な関係とは???

 

f:id:mizue338:20180719210154j:plain

 

九州の薩摩藩(鹿児島県)と、関東は、いくつか共通点があります。

 

まず、薩摩藩の鹿児島神宮と、関東の鹿島神宮です。名前が似ていますね。

 

偶然、名前が似たわけではなく、同じ国の先祖が建てた神宮だ、という説があります。

 

その先祖とは、現在の中国東北部にあった扶余(紀元前4世紀-494年)という国の人たちのことです。

 

扶余は国名ですが、鹿のことを扶余(プヨ)と呼びました。

 

 

扶余の子孫が日本にわたってきた

 

中国東北部の民は、古代、中国の漢王朝に攻められ、滅亡寸前のとき、鹿山という地で再起をはかり、漢の兵を追い払うことができたのです。

 

そして、鹿山の地から鹿をとって、扶余(鹿)という国を建国しました。また、鹿は神の使いとして尊び、好んで鹿を飼っていました。

 

また、扶余の子孫が日本にわたってきて、鹿児島神宮や鹿島神宮を建てた、といわれているのです。

 

つまり、扶余の子孫が鹿を尊んでいたから、「鹿」を神宮の名前に使ったわけです。

 

f:id:mizue338:20180719210219j:plain

 

春日大社にも、神の使いとして鹿が飼われています。春日大社を創建した藤原氏が、扶余の子孫だからだ、という説があります。

 

日本における扶余の影響力は、意外に大きいようです。

 

 

武の地であり、革命の地であった

 

扶余の人は、体が大きく、武術に優れた人が多く、中国の漢王朝に対する反骨精神が強かったのです。

 

そのせいなのかどうなのか、日本では、薩摩と関東から革命が起こっています。薩摩は幕末ですが、関東では、平安時代、平将門の乱、源頼朝の挙兵が勃発しました。

 

関東の水戸藩でも、御三家であるのにもかかわらず、幕末、討幕活動が盛んでした

 

中央政府に対して反発しやすい土地柄といえるかもしれません。 

 

朝廷や幕府に対する反骨精神にあふれていました。

 

 

薩摩と鹿島の不思議な因縁

 

薩摩と関東の鹿島は、距離的には遠く離れていますが、不思議な因縁で結ばれています。

 

それは、一撃必殺の剣術です。

 

日本は島国のためか、切腹とか一撃必殺という言葉が好きです。中国や朝鮮など大陸の国では、あまりもちいられません。

 

f:id:mizue338:20180719210256j:plain

 

大陸は広いので、逃げるところがたくさんあるが、島国の日本は狭いので、逃げる場所が少ないです。

 

だから、切腹とか一撃必殺という言葉が生まれたのかもしれません。

 

いずれにしろ一撃必殺の剣術が、幕末、大活躍するのです。

 

古来から、薩摩や関東(坂東)の武士は、扶余の人と同じく体格がすぐれていました。

 

その強靭な体躯から、一撃で相手をしとめる必殺の剣が、関東の鹿島香取の地で生まれたのです。

 

関東の鹿島で創始された天真正自顕流が、薩摩に伝わり、示現流や薬丸自顕流とに分かれました。

 

f:id:mizue338:20180719210321j:plain

 

とくに、薩摩、薬丸自顕流の志士は、幕末、大暴れします。「明治維新は、薬丸流でたたきあげた」といわれたほどです。

 

日本の南と東にわかれた扶余の子孫の影響が、幕末にまで及んだかのようです。

 

 

ひとこと

 

薩摩は芋、水戸は納豆が有名です。

 

これは、まったく関係がなさそうですね(*^▽^*)