みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

コーヒーが便秘に効くのはホントか!?

 

f:id:mizue338:20180218204710j:plain

 

旅行や仕事でストレスがたまると、いまでも便秘になることがあります。

 

そんなときは、便秘用の薬を飲めばいいわけですが、注意が必要です。

 

腸を刺激するタイプの便秘薬は、短期間ならいいのですが、長期間、服用を続けると、クセになります。

 

体が便秘薬になれて効き目が悪くなるので、徐々に服用する量も増えてしまうと言われています。

 

なので、なるべく薬には頼らず、腹筋を鍛えたり、お通じの助けになる食品をとるようにしたいものです。

 

私は純ココアにオリゴ糖を入れて飲んでいました。果物や野菜など食物繊維の多い食品もとります。腹筋ローラーで鍛えていました。そのせいかお腹の調子は好調でした。

 

それでも、時々、ストレスや仕事の疲れで調子が悪くなることがあります。そうなると純ココアとオリゴ糖を飲んでも効果がうすいです。

 

短期間ならば、腸を刺激するタイプの便秘薬を飲もうと考えたりしたのですが、クセになりそうなので我慢しました。

 

純ココアとオリゴ糖とを飲み続けていれば、いずれ自然になおるのですが、もっと早くなおる方法をネットで見つけました。

 

純ココアではなく、濃い目のインスタントコーヒーにオリゴ糖を入れて飲むのです。

 

私の場合、効き目は抜群でした。とくに朝、飲むと効果がでるようです。

 

 

なぜ、コーヒーでお通じが良くなるのか?

 

コーヒーに含まれている「カフェイン」が便秘解消に効果があると言われています。

 

カフェインは、胃の働きを助けて、太陽の収縮を活発にさせる効果が認められています。

 

腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖と一緒に飲むことで、よりお通じが活発になるのです。

 

コーヒーは約100mlあたり40~60mg程度のカフェインを含んでいます。

 

f:id:mizue338:20180218204742j:plain

インスタントコーヒーの場合、粉末なので量を多く入れ、カフェインの量を増やすこともできます。

 

もちろん、オリゴ糖の量も自由に増減できます。

 

このあたりは個人の体質があるので、自分に合った量をとるように注意しましょう。

 

 

コーヒーには便秘に悪い成分も含まれている!

 

どんなに健康に良い食品でも過剰にとれば、体によくありません。コーヒーも同じです。

 

コーヒーに含まれている「クロロゲン酸」という成分は、胃や腸の働きを抑えてしまいます。場合によっては便秘を悪化させることもあるとか?

 

クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で、アンチエイジング効果、ダイエット効果、糖尿病予防効果があり、健康に良いと言われています。

 

コーヒーの褐色や苦味は、このクロロゲン酸がもとになっています。

 

 

自分の体質に合わせて、とることが大事だ!

 

カフェインが便秘に効果があって、クロロゲン酸は便秘を悪化させるので、コーヒーが良いのか悪いのか訳がわからなくなりそうです(´Д`q汗)

 

しかし、私の場合は、効果がありました。

 

ようするに自分の体質に合わせて、適量のコーヒーを飲むことが大事だといえましょう。

 

f:id:mizue338:20180218204804j:plain

 

その人の体質にもよるので、コーヒーを飲んで効果が無い場合は、あまり無理しないほうがよさそうです。

 

また、カフェインには利尿作用があるので、トイレが近くなり、体の水分が不足がちになります。するとお通じを柔らかくする水分も足らなくなり、出にくくなります。

 

コーヒーを飲んだら水分補給を心がけるようにしましょう。

 

同じ食品ばかりをとらない、ということで、コーヒー以外のお茶なども試してみたいものです(´▽`)

  

お試しセット累計販売数100万包突破記念!
今年いっぱい限定で送料無料&特売中のダイエットティー

 

 

ひとこと

 

ファミレスのドリンクバーで、コーヒーを10杯ぐらい飲んで、胃が気持ち悪くなったことがあります。

  

飲みすぎには注意しましょう_(゚◇゚;)ノ