みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

風邪の予防に半熟卵を1日に2~3個食べてます!?

 

f:id:mizue338:20180215214112j:plain

 

風邪の予防に役立つ食品は、たくさんあります。

 

これまで私が風邪予防のため、食べるようにしてきた食品が長ネギ、純ココア、ビタミンC錠剤などです。

 

ほかにはショウガや紅茶なども、時々、食べたり飲んだりします。

 

昔は、風邪予防のため、サウナにもよく行ったのですが、面倒なので今はいってません。

 

長ネギや純ココア、ショウガ、紅茶を飲食すると、体が温まるので風邪予防の効果があるといわれています。

 

ビタミンCは、昔から風邪予防の効果があるとされてますが、最近、ネットを見ると、賛否両論が目立ちます。

 

私の場合、ビタミンCをとるようになってから、風邪をひくことが少なくなったことを実感しています。

 

昔、寝るときは正常でも、朝、目覚めると風邪気味になることが多かったのですが、ビタミンCを飲みはじめてから、それがなくなりました。気のせいではないと思いますが・・・・。

 

長ネギ、純ココア、ビタミンCのおかげなのか、今年は1回も風邪を引いていません。朝、起きたときにノドが少し痛くなっていた程度です。

 

それと、湿度計で管理しながら加湿機を使用したことと、アルコールの量を少し減らしたことも効果があったと考えられます。

 

また、卵を一日、2~3個、食べるようにしたことも、風邪予防に効果があったのではないか、と思っています。

 

 

卵はタンパク質とミネラルの宝庫

 

人間の体の大部分は、タンパク質でできています。病気や風邪から体を守る免疫物質もタンパク質からできています。

 

風邪を引いたときに出る鼻水や痰もタンパク質でできているのです。

 

長ネギ、純ココア、ビタミンCは、タンパク質でできている免疫物質を助けるためのものではないか・・・・と勝手に考え、卵を普段より多めに食べるようにしました。

 

卵の効果なのかはっきりわかりませんが、私は今年、鼻水が例年より少ないです。鼻をかむ回数も大幅に減りました。

 

卵の良質なタンパク質やその他の栄養成分により、ノドや鼻の粘膜によい影響を与えたのかもしれません・・・・。

 

昨年まで、卵はコレステロールが高いと思っていたので、一日1個ぐらいしか食べていませんでした。

 

f:id:mizue338:20180215214147j:plain

 

ところがネットを見ると、一日、3~4個、食べてもコレステロールに影響はない、という記事がたくさんあります。

 

なので私は、卵を一日2~3個、食べるようにしたのです。

 

人間の体にとって必要不可欠な8種類の「必須アミノ酸」が100パーセント含まれています。

 

ミネラル、ビタミン類(ビタミンCはなし)などの栄養も豊富です。

 

肉や魚、大豆と違い、卵はゆでるだけで調理が簡単なので、毎日、継続して食べられるので、便利です。値段も安いです。

 

 

半熟卵か温泉卵が簡単

 

卵の消化時間は、半熟卵が1時間30分、ゆで卵が2時間30分、生卵が2時間45分、目玉焼きが3時間といわれています。

 

半熟卵は消化が早いだけでなく、栄養の吸収率が96パーセントと効率がいいです。しかも調理時間が短く簡単です。

 

なので私は、半熟卵にして食べています。

 

ほかのオカズにのせて食べる場合もありますが、ゆでたばかりの半熟卵を、そのまま食べることもあります。

 

f:id:mizue338:20180215214205j:plain

 

卵は意外に、しょっぱいです。塩をかけなくても美味しく食べられます。

 

また、温泉卵にして食べるときもあります。ゆで卵も温泉卵も、お店で買ってくるものより、できたたてを食べたほうが、ぜんぜん美味しいです(^▽^)

 

 

ひとこと

 

タンパク質の取り過ぎは、腎臓に負担をかけるので、肉や魚を食べたときは、卵の食べる個数を減らすようにしています(●^□^●)