みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

純ココア(ピュアココア)で体を温め、体重を維持(>0<)

 

 

f:id:mizue338:20170908224311j:plain

 

食欲のがやってきました。

 

食欲が減退する暑い夏が去り、ごはんが美味しくなる季節です。

 

しかし、太りやすくなる季節ともいえましょう。

 

また、これから少し気温が下がっていくため、体が冷えやすくなります。

 

そこで私は、寒い季節になると、純ココア(ピュアココア)で体を温めながら、太らないよう体重を維持しています。。

 

 

ココアは体を温める

 

普段、食前にバナナ、食後に純ココアを飲んでいます。

 

食前の30分から1時間前にバナナなど果物を食べると、食事のとき血糖値の急上昇を抑えられるといわれています。

 

また、空腹感も抑えられるので、食事の量を減らすことができます。

 

でも、バナナなど果物は体を冷やす作用があります。寒い日に体が冷えると、風邪を引きやすくなります。

 

そこで、体を温める純ココアと一緒にバナナなどの果物を食べます。

 

あるいは、純ココアだけ飲みます。カカオという果物の豆であるココアも、果物と同じように、食物繊維炭水化物が含まれているからです。

 

ココアは、ショウガと同じぐらい長時間にわたって体を温めるといわれています。

 

果物の体を冷やす欠点を、純ココアで補えるわけです。

 

 

体重維持にも期待

 

ココアは、長い時間、体を温めることができるので、血行を促進して新陳代謝を活発にします。

 

新陳代謝を活発にすることにより、体内の脂肪燃焼が期待できます。

 

f:id:mizue338:20170908224351j:plain

 

また、食間、空腹感を感じたときに、お湯に純ココアを入れて飲み、おやつの代わりにできます。糖分が少ないので低カロリーです。

 

お菓子や果物と違い液体なので、食べカスが残りにくいです。水かお湯を飲んだり、口をゆすげば、口の中もスッキリします。

 

 

 

飲みやすくて健康によい純ココア

 

ミルクココアなどインスタントココアは、純ココアより糖分がかなり多めです。

 

なので、空腹時には純ココアが適しています。お湯で溶かすだけで簡単に飲めます。

 

好みによって、牛乳やカロリーオフの甘味料、オリゴ糖などを入れて飲めます。

 

純ココアは冷たい飲み物に入れても、体を冷やす作用を少なくさせることがわかっています。牛乳やヨーグルトに入れて摂るのもいいですね。

 

その他、体に良い成分も豊富に含んだ純ココアは、健康にもよさそうです。

 

 

ココアにもカフェインが含まれている

 

意外にも、ココアにもカフェインが含まれています。書籍やネットで見ると、その含有量は様々に記されています。

 

コーヒーよりは少ないが縁茶や紅茶より多いとか、就寝前に飲んでもほとんど眠りに影響しない微々たる量である、とか書かれています。

 

f:id:mizue338:20170908224415j:plain

 

私は、夕食後にコーヒーを飲むと寝つきが悪くなることがあります。でも、ココアを飲んでも影響をほとんどありません。

 

普段の多量の摂取によりカフェインへの耐性ができてたり、個々人の体質などありますから、このあたりは自身の体質に合わせて判断するしかありません。

 

こちらの楽天では、純ココアが豊富に揃っています!

 

 

ひとこと

 

体を温める食品は、ショウガ、ネギ、ニンニク、唐辛子、紅茶などいろいろありますが、私にとっては、純ココアが一番、手軽です。

 

お湯に溶かすだけです。また、口臭の原因にもなりません。

 

純ココアは、いつでも簡単にとれる便利な飲みものですね(●^U^●)