みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

巻き爪を治して、爪が割れた!?

 

f:id:mizue338:20170818222240j:plain

 

私は10年ほど前から、左足の親指が巻き爪です。以前は、巻き爪の施術所で施術していましたが、3年ほど前から自分で治しています。

 

施術所では1回で6,000円前後の施術費がかかりました。しかし自分で治すと、数百円ですみます。交通費もかかりません。

 

ところが、2回、爪を大きく割ってしまったことがあります。施術所で1回、自分で治しているときに1回です。

 

小さく割ってしまったことは何回もあります。

 

爪が割れると、爪にテンション(張力)がかけられないので、治せなくなります。

 

爪が伸びるのを待つしかありません。

 

 

テンション(張力)の加減が難しい

 

施術所では、細長いプレートを接着剤で爪に貼る方法でした。5回目くらいに施術所で、プレートを貼ってもらったら、爪の右先部分が少し割れてしまいました。

 

高い施術料を払って、爪を割られてしまっては意味がありません。このときから施術所にいくのはやめて、自分で治そうと思いました。

 

自分で爪を割ってしまったのは、半年ほど前です。椅子に軽く爪をぶつけただけで割れてしまいました。爪の右側の先端から爪の真ん中あたりまで、割れ目ができました。

 

ですから、今も割れたままです。でも、割れ目も爪の3分の一ぐらいまでに縮まってきました。

  

www.mizue338.net

 

私は、爪の先2箇所に0.5mmほどの穴を空け、そこに形状記憶合金ワイヤーを通し、テンションをかける方法で矯正しています。

 

爪が割れているので、半年ほど矯正はしていないのですが、今のところ巻き爪の症状は強く現われてはいません。

 

でも、爪の根本のあたりは、爪が巻き始めています。爪が伸びたら、また、矯正します。

 

 

0.3mmのワイヤーで、テンションを弱くする

 

爪が割れた半年前は、ほぼ巻き爪が治った状態でした。爪の先端にしか形状記憶合金ワイヤーを付けていないのに、爪の根本まで平らになったのです。

 

最初に通った巻き爪施術所が形状記憶合金ワイヤーを使用するところでした。

 

いまから考えると、爪を割るのが怖くて弱めのワイヤーを使ってたような気がします。

 

その証拠に、その施術所に1年以上、通っても治りませんでした。爪の根元も巻いた状態でした。

 

www.mizue338.net

  

私は、ネットで0.45mmの形状記憶合金ワイヤーを購入して、巻き爪の矯正を始めました。

 

しかし、0.45mmでは、強すぎて爪の先端から1mmほど少し割れました。なので0.4mmのワイヤーに替えて矯正したら、一年数ヶ月ほどで巻き爪が治ったのです。

 

治ったと思ったころに爪を椅子にぶつけて、割ってしまったのです。私にとって0.4mmでも少し強すぎたのかもしれません。

 

ですから、また矯正するときは、0.4mmである程度治ったあたりで、0.3mmのワイヤーに替えてみようと思います。

 

 

ひとこと

 

爪の状態や体質は、人によって様々です。ワイヤーの太さも人によって合う合わないがあると思います。

 

最初は、柔らかめワイヤーで様子を見ながら、爪の矯正をしたほうがよさそうですね(★ ̄∀ ̄★)