読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

風邪の予防に柿を食べよう!ビタミンCが豊富!

f:id:mizue338:20161129214429j:plain

 

最近、柿をよく食べるようになりました。

スーパーやコンビニ、八百屋さんにたくさん並んでいるので、

つい買ってしまいます。

 

バナナと違い、皮を剥くのは面倒くさいですが、

甘くて美味しいですね。

また、バナナのように一年中、食べられる果物ではないので、

なおさら美味しく感じます。

 

ところで、柿は体によいとは聞いていますが、具体的にどうよいのかは

知りませんでした。

 

柿の健康効果はいろいろありますが、とくに風邪予防に効果があることに、

私は惹かれました。

これから、どんどん寒くなり、空気も乾燥してきますから、

風邪対策に柿を多めに食べようと思っています。

 

 

柿は果物の中でビタミンCがトップクラス!

 

風邪対策といえばビタミンCの摂取も大事です。

ビタミンCを摂ることが風邪対策になる理由は、はっきりとしていません。

しかし、ビタミンCは粘膜機能を活発にして抵抗力を高める働きがあることが

わかっています。

 

このビタミンCが柿には、100mg中に70mgも含まれており、

果物の中でもトップクラスに近いといえます。

 

では、柿の重さはどのくらいなのでしょうか?

大きめの柿で可食部が約200gで、小さめの柿で可食部が約120mgぐらいを

目安に考えればよいでしょう。

 

ビタミンCの1日に推奨される摂取量は100mgぐらいです。

柿1個で足りてしまいそうですね(゚▽^*)

 

でも、ビタミンCは2~3時間で対外へ排出されてしまうので、

小さめの柿を1日、何個か食べるようにしたいと思います。

 

ビタミンCは少しぐらい多めに摂っても、すぐ対外に排出されるので、

余程の量をとらなければ問題ありません。

 

f:id:mizue338:20161129214815j:plain

 

また、柿はビタミンAも含んでいます。

ビタミンAは皮膚や粘膜を強化する働きがありますので、

ビタミンCと一緒に摂ることで風邪予防になります。

 

サプリメントのビタミンCもありますが、

食品から摂ったほうが吸収率がよいです。

 

サプリのビタミンCは食品から摂った天然のビタミンCに比べて

半分程度の吸収率といわれています。

 

ビタミンCは熱に弱く水に溶けやすいので、

柿のような果物から摂るのが効率的ですね。

 

 

柿を食べるときの注意点!

 

果物なので普通に食べている分には問題はありません。

しかし、柿にはタンニンが含まれています。

 

タンニンはカルシウムや鉄分、酸などと結合すると、

沈殿しやすくなり、吸収が悪くなります。

腹痛を起こす場合があります。

貧血気味の方の場合、鉄分不足に注意する必要があります。

 

また、柿はカリウムを含んでいます。

カリウムとタンニンは体を冷やす性質があります。

暖かい飲み物や食べ物と一緒に柿をたべたりして、

体を冷やさないように工夫したほうがいいですね。

 

 

ひとこと

 

バナナのような熱帯の果物は体を冷やすことは知っていましたが、

柿も体を冷やすことは知らなかったです。

 

記事を書きながら、いろいろ調べて勉強になりました。

 

でも、今日の夕方、近所のローソン100に行ったら、

柿が売っていませんでした。

 

もしかして、

純ココアと同じように店頭から消えつつあるのでしょうか?

明日、あちこち探しに行ってきます(*´Д`)