みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

カメラレンズは日本とドイツ、フランスで製造されている?

f:id:mizue338:20161127195251j:plain

 

仕事が忙しかったので、久しぶりの記事更新です。

けっこう働きました(*´Д`)

 

それにしても日本人は、よく働くといわれます。

よく働くから日本は経済大国になり、

日本の製品が海外から引っ張りだこになったわけです。

 

海外で人気の日本製品を挙げたらきりがありませんが、

最近、私が気になったのは「カメラのレンズ」です。

 

カメラのレンズは世界中でつくられているのだと思っていたのですが、

そうではなかったのです。

 

日本ドイツでつくられているのです。

フランスでも少しつくられているそうです。

 

しかし、日本とドイツで、ほぼ占められているとか。

 

この理由は、各国の政策などの歴史的背景もあるそうですが、

日本とドイツの技術力が優れていることは間違いありません。

 

 

カメラのレンズの製造には高度な技術が必要

 

カメラのレンズは、素人の私から見ると単純そうに思ってしまうのですが、

一つのレンズにいろいろなレンズを張り合わせたり、表面を磨いたり、

とても高度な技術が必要なのだそうです。

 

この技術が日本とドイツ、フランス以外の国では、

どうしてもできないそうです。

f:id:mizue338:20161127195507j:plain

 なんか日本とドイツは似ていますね。

もともとドイツは日本の先生でした。

明治の初頭あたりから医療や兵器、政治、工業技術など

いろいろな分野で、日本はドイツから学んできたわけです。

 

カメラレンズは、師弟で世界を制覇している感じですね。

現在は、師を追い越しているのかどうかわかりませんが?

 

 

日本が世界のカメラ市場を制覇している?

 

カメラレンズ自体の世界でのシェアは知りませんが、

カメラ本体は、日本が世界の市場を制覇しているのです。

 

もちろん、ドイツのカメラも優れていますが、

日本のカメラの価格が安く性能がよいから人気があるそうです。

 

以前、私は香港へ旅行に行きましたが、

カメラ店といえばNIKONCANONの看板が、やたら目立ちました。

 

ほかのカメラメーカーの看板は、ほとんど見かけませんでした。

 

店内に入ると、他のメーカー品(日本や海外)もありましたが、

圧倒的にNIKONとCANONが市場を制覇しているという感じでした。

 

日本国内のカメラ店に、韓国や中国など海外から

新品・中古カメラを仕入れて自国で売って利益を得ている外国人も

多いそうです。

 

 

ひとこと

 

カメラのことばかり書きましたが、

日本の技術がとても優れていることを言いたかったのです。

 

以前、刀に関する記事を書きましたが、

戦国時代や江戸時代あたりに、中国大陸や朝鮮半島に輸出されていた

日本刀は何十万本にもなるそうです。

 

これは、中国大陸や朝鮮半島で日本刀のような優れた刀を

自国で作ろうとしても、できなかったことが原因だったそうです。

 

それだけ日本の刀の生産技術が優れていたというわけですね。

 

過去の歴史をみても日本は他国から入ってきた技術を、

より高度に高め優れた製品を作ることが得意でした。

 

島国だから、こんなことが可能なのでしょうか?

 

日本って不思議な国ですね(´-ω-`)