読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

頭を強くぶつけて網膜裂孔に?レーザー手術で治った!?

 

f:id:mizue338:20161112234309j:plain

 

パソコンに向かってばかりいると疲れますね。

とくに目が疲れます。

 

私は1年に1回ほど眼医者で定期健診を受けていますが、

現在のところ、とくに異常はありません。

 

定期健診を受けている理由は、数年前に目の手術をしたからです。

手術といってもレーザー光線で、

目の奥の網膜を治療する手術です。

 

レーザー光線の手術は15分ぐらいで終わり、

ほとんど痛くありませんでした。

もちろん、麻酔もかけません。

 

手術後の経過も順調に終わりました。

 

 

網膜剥離になりかけた

 

そのときの目の病名は「網膜裂孔」でした。

 

目の網膜に孔(あな)が多数できる病気です。

健康診断で眼底検査のときに、この病気が見つかりました。

 

医師の説明では、ビックリするほどの大きな孔が

網膜にあいているそうです。

 

あと数週間、遅ければ網膜剥離になっていたそうです。

健康診断で、網膜裂孔が見つかったのは、本当に運がよかったです。

 

f:id:mizue338:20161112234652j:plain

 

自分の目の網膜の写真を見せてもらいましたが、

確かに大きな孔があり、小さな穴もいくつかありました。

 

それらの孔のまわりをレーザー光線で焼き、

それ以上、孔が広がらないように固定させたそうです。

 

 

飛蚊症が現われたら、注意!

 

私は網膜裂孔になる数年前から「飛蚊症」になっていました。

 

飛蚊症とは、実際に虫が飛んでいないのに、

黒い虫が飛んでいるように見える症状のことです。

 

飛蚊症でも問題のない場合もあるそうですが、

網膜裂孔になる前に飛蚊症になることも多いそうです。

 

網膜裂孔には、若年層に多い萎縮性円孔と

50歳代を中心とした中年層に多い牽引性裂孔があるとのこと。

 

ネットで見ると網膜裂孔の原因が載ってました。

近視や加齢、遺伝などです。

 

それと、頭や目を強くぶつけると網膜裂孔になることがあるそうです。

 

私の場合は、おそらくそれです。

道を歩いていて滑って転んだことがありました。

 

f:id:mizue338:20161112234631j:plain

 

そのときに道路の縁石のカドに頭を強くぶつけたのです。

頭から血はでましたが、赤チンを塗っただけですましました。

 

その後、半年ぐらいして飛蚊症になりました。

眼科に検査にいきましたが、とくに問題はないので、

症状がひどくなったら、また診察を受けるように、

と医師から言われました。

 

それから8年後ぐらいに網膜裂孔になりました。

 

ほっといても大丈夫な飛蚊症もあるそうです。

しかし、頭や目を強くぶつけて飛蚊症になったら、

定期的に眼科で診察してもらったほうがよさそうです。

 

また、緑内症などの目の病気は、

若い人でもかかるそうなので、目の定期健診は大事かもしれません。

 

 

ひとこと

 

レーザー光線の手術後も、時々、目の前に黒い虫が見えたり、

水溜りや閃光(せんこう)が見えたりしてました。

 

でも、現在ではそれらは、あまり見えなくなりました。

何が原因でそうなったのか自分ではわかりません。

 

健康に気を使った食生活のせいなのかどうか

なんともいえません。

 

定期健診だけは続けていこうと思います(`▽´)