読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

コーヒーの健康効果は脳腫瘍のリスクも減らす?

f:id:mizue338:20161107225933j:plain

 

コーヒーは、いろいろな健康効果があるといわれていますが、

脳腫瘍のリスクを低減させる効果もあるそうです。

 

本当、コーヒーって万能選手ですね。

 

以前からコーヒーは大腸や胃、肝臓のガンのリスクを減らせる可能性がある

ということは知っていました。

それが、今度は脳腫瘍です。

 

1日3杯のコーヒーが脳腫瘍リスクを減らす?

 

国立がん研究センターの研究チームがまとめた研究成果によると、

コーヒーを1日3杯以上、飲む人は脳腫瘍の発症リスクが低いという

結果がでたそうです。

 

40~69歳(男女別)の10万人、国内10地域でコーヒーを

飲む習慣や頻度などを調査して、20年の期間にわたり

健康状態をみたとろ、157人が脳腫瘍を発症したそうです。

詳細は下記のとおりです。

 

 研究チームは、コーヒーを1日3杯以上、1~2杯、1杯未満と飲む頻度で3グループに分けて、年齢や喫煙歴などの影響を取り除き、脳腫瘍のリスクを調べた。その結果、1日3杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、脳腫瘍の発症リスクが53%低かった。

〔中略〕

同センターの澤田典絵室長は「脳腫瘍の症例そのものがあまり多くなく、科学的根拠として確立するには、さらなる研究成果の蓄積が必要」と話している。

 

引用元:朝日新聞デジタル「コーヒー1日3杯で脳腫瘍リスク減?過剰摂取は逆効果も」

 

 コーヒーには、トリゴネリンやクロロゲン酸という成分が

含まれているそうです。

これらの成分に抗酸化作用があり、

脳腫瘍の発症を抑制した可能性があるといわれています。

 

f:id:mizue338:20161107230641j:plain

 

1日3杯以上、コーヒーを飲む人は、

53%も脳腫瘍リスクが低かったらしいですが、

科学的根拠を確立するには、さらに研究が必要だそうです。

 

それにしても、コーヒー好きの私にとっては、

少し嬉しい話です。

 

 

コーヒーの飲みすぎに注意

 

体によいコーヒーですが飲みすぎると逆効果になるそうです。

1日7杯以上、コーヒーを過剰に飲むと健康を損ねるリスクが高まる

との海外からの報告があるそうです。

 

コーヒーに含まれているカフェインは、胃液の分泌を促進させるため、

胃をもたれさせたりします。

 

とくに空腹時にコーヒーを多量に飲むと、

胃酸で胃の粘膜を刺激して荒れてしまいます。

 

そうなると食事をしたときに正常に消化が進まず、

胃もたれを起こしやすくなります。

 

f:id:mizue338:20161107230716j:plain

 

胃もたれを防ぐためには、空腹時は避け、

食後にコーヒーを飲みようにしましょう。

 

食後でも飲みすぎに注意したほうがよいそうです。

コーヒーは、タンニンという成分も含んでいます。

このタンニンが鉄イオンと反応して結びつく性質があるそうです。

 

そのため、鉄分の吸収が低下するそうです。

貧血や貧血気味の人は、とくに注意が必要だそうです。

 

タンニンは、深く焙煎するほど量が減少するため、

イタリアンローストなどの深煎りコーヒーを選ぶのも

よいかもしれません。

 

 

ひとこと

 

以前、私は、コーヒーを1日に6~8杯ぐらい飲んでいたことがありました。

ファミレスのドリンクバーは、何杯、飲んでも料金は同じなので、

飲みまくっていたのです。

 

さすがに飲みすぎは健康に悪いと思い、

いまでは1日、1~3杯ぐらいです。

 

でも、コーヒーは眠気が覚めるから、

本当に助かります。

健康にもいいのでなおさらです(*^-^)