みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

iPhoneのバッテリーを少しでも長持ちさせよう!設定で節電?

 

f:id:mizue338:20161105202831j:plain

 

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法は、

いろいろあるようです。

 

一番、効果的な方法は電源を切り、使うときだけ電源を入れればいいのです。

でも、それでは待ち受けと自動更新ができません。

そこで、ネットの動画などを参考にして、iPhoneの省電力化 を試してみました。

 

それと、NGの充電方法もネットで再確認しました。

 

 

iPhoneの充電で、やってはいけない4つのポイント

  

ケースから取り出して充電する

密閉度の高いiPhoneケースに入れたまま充電すると、iPhone本体に熱がこもってしまいバッテリーと内部の電子機器にもダメージを与えます。

電子機器類は熱に弱いので涼しい場所で充電しましょう。

 

充電のやりっぱなしはNG

私も4年前にiPhone5を購入してから、充電量100%になってもケーブルを差したまま充電していました。そのせいなのか、バッテリー部分が2回、故障しました。

充電量100%になっても充電を続けていると、充電と放電を繰り返し、バッテリーやドックコネクターなどを劣化させてしまいます。

 

1日に何度も充電しない

これも充電と放電を何回も繰り返してしまいすので、1日1回の充電か回数をなるべく少なくしましょう。

できればバッテリーは使い切ってから充電するほうがいいです。

なかなか難しいですが、予備の外付け電池などを携行して、安心してバッテリーを使い切る、という手もあるかもしれません。

 

充電中はiPhoneを使用しない

充電中にiPhoneを使用すると、本体が熱を発するので、バッテリーにダメージを与えてしまいます。

私も何回もやりましたが、もう、やりません。

 

 

電池を長持ちさせるためのiPhoneの設定について

 

iPhoneの設定で省電力化が可能です。

意外と電池を食うアプリや設定があるものです。

これらの設定をOFFにして電池を長持ちできるそうです。

 

私もネットの動画を見ながら設定しました。

 

そのときの設定画面のいくつかを載せましたので、

よろしければご参考にしてください(画面はiPhone5です)。

 

参考にした動画も最後のほうにあります。

詳細は動画をご覧ください。

 

Wi-FiとBluetoothを使用しないときはOFFにする

 自宅や公共のWi-Fiの電波を常に探しにいく状態になり電池を消費します。


また、Bluetoothの使用後、OFFにするのを忘れると、使用していたヘッドホンやスピーカを、BLUetoothが探し続けるので電池が減ります。

 

f:id:mizue338:20161105203200j:plain

 

画面の明るさを低く調整する

 画面が明るいと電池を消耗しますので、適度な明るさに調整しましょう。

 

f:id:mizue338:20161105203411j:plainf:id:mizue338:20161105203420j:plain

 

明るさの自動調整もOFFにすると節約になります。

 

f:id:mizue338:20161105203643j:plain

 

アプリの通知をOFFにする

 アプリによって通知ができるアプリとできないアプリがあります。

通知ができるアップリでも、通知が必要ない場合は、OFFにしましょう。

少し電池の消耗が抑えられます。

 

f:id:mizue338:20161105203755j:plainf:id:mizue338:20161105203809j:plainf:id:mizue338:20161105203831j:plain

f:id:mizue338:20161105203854j:plain

 

アプリのバックグランド更新をOFFにする

 LINEやTwitterなどメッセージ機能がついたアプリなどバックグラウンドで、

常に更新しています。

バックグラウンド更新が必要ないアプリはOFFにしましょう。

 

f:id:mizue338:20161105204103p:plainf:id:mizue338:20161105204243j:plain

 

位置情報サービスの使用許可をOFFにする

 位置情報サービスの使用許可をOFFにすると、電池の消耗を抑えられます。

これもアプリごとにバックグランデで動いています。

アプリごとに「位置情報サービスの使用許可」をON・OFFできますので、

同機能が必要のないアプリの場合、OFFにして省電力化ができます。

 

f:id:mizue338:20161105204356j:plainf:id:mizue338:20161105204402j:plain

 

 

視差効果を減らす設定

 これは、画面のアプリをタッチしたときに「ブワー」と広がって表示されるのをOFFにすることです。これも電池を消耗するそうです。

 

 f:id:mizue338:20161105204457j:plainf:id:mizue338:20161105204511j:plainf:id:mizue338:20161105204520j:plain

 

 

これまでの説明は下記の動画を参考にしました。

 

 

ひとこと

 

iPhoneの電池を長持ちさせるために、いろいろ設定をOFFにすると、

一部の機能が使えなくなりますので注意しましょう。

 

また、設定をOFFにしたアプリや機能を忘れずに記録しておきましょう。

 

私のiPhoneは、1年半ぐらいの間、横表示ができませんでした。

故障なんだと思いましたが、知らないうちにOFFに設定していたのでした。

 

横表示のONのやり方は簡単です。

iPhoneの最初の画面の一番下にタッチしてそのまま上にスワイプ(なぞる)します。

コントロールセンターが現れますので、一番上の向かって右端のアイコンをタッチすれば、横表示ができるようになります。

下の画像にあります。

f:id:mizue338:20161105204645j:plain

 また、コントロールセンターでは上の画像のとおり、

「Wi-Fi」や「Bluetooth」、「画面表示と明るさ」の設定も、

ここから簡単にできます。

 

あぁ~、でも、こまかくて面倒くさい・・・・(; ̄д ̄)