みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

口内炎を治す方法でビタミンB2とB6が効いた?

 

f:id:mizue338:20161101223428j:plain

 

以前、私はよく口内炎にかかっていました。

口内炎は、かなり痛かったです。

 

ひどい口内炎になると、痛くて食事するのも苦痛です。

そのおかげで体重が1~2キロも減ったことがあります。

ダイエットの役には立ちましたが・・・・?

 

病院にいくと、医師が口の中をのぞいて、

「これは口内炎ですね」

と診察して、口内炎治療用の塗り薬を処方してくれて終わりです。

 

でも、その塗り薬を塗っても、なかなか治りません。

痛みが無くなるまでに一週間以上かかったような気がします。

 

f:id:mizue338:20161101223630j:plain

 

あとで知ったことですが、医師の出してくれた口内炎の塗り薬は、

薬局でも販売されていました。

 

だから、その後も口内炎になると、薬局で塗り薬を買って、

治療していました。

 

塗り薬を口の中の口内炎部分に塗ると、

食事のときに、食べ物が口内炎部分に触れないので、

痛みをやわらげることができます。

その点では助かりました。

 

でも、治るまでに、やはり時間がかかりました。

 

 

ビタミンB2やB6で口内炎が早く治せる

 

薬局で口内炎治療用の塗り薬を購入するときに、薬局の方から、

「飲み薬もありますが、よく効きますよ」

と、すすめられたことがありました。

 

私は、なんとなく信じられなかったので、

しばらく飲み薬は購入しませんでした。

 

でも、何度も口内炎に苦しんだ、ある日、

私は、飲み薬の口内炎治療薬を購入したのです。

 

すると効果は抜群です。

飲んだ次の日には、ほとんど痛みが消えていました。

 

いままで口内炎になると1~2週間は痛かったのに、

ウソのように治りました。

 

(もっと早く飲み薬を飲んでいればよかたのに)

と思いました。

 

f:id:mizue338:20161101223652j:plain

 

薬局の方の説明では、口内炎用飲み薬に含まれている

ビタミンB2B6などのビタミン類が口内炎に効くとのことです。

 

なぜ、これらのビタミン類が口内炎に効くのかは、

はっきりとは解明されてないそうです。

 

逆に口内炎になる原因もまだよく解明されてないそうです。

 

 

口内炎にはアフタ性が多い

 

口内炎にもいろいろ種類があるみたいですが、

口内炎用飲み薬がよく効いたので、

私の場合は、アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)のようです。

 

口内炎のなで最も多く発症するのが、このアフタ性口内炎だそうです。

 

他にもカタル性口内炎、壊疽性口内炎、淋菌性口内炎等種類などが

ありますが、口内炎としての発症率は低いそうです。

 

口内炎といえば、アフタ性口内炎という感じです。

 

アフタ性口内炎が発症する原因は、はっきりと特定されていませんが、

栄養不足(ビタミンB2の不足)やストレス、睡眠不足、過度な飲酒、

飲みすぎや食べ過ぎによる胃腸の不調などが考えられています。

 

私の場合は、気管支炎の薬を1週間ぐらい飲み続けると、

口内炎になりました。

 

また、ガムを噛んだ後、飲み込むと、お腹のお掃除になると聞かされ、

捨てないで飲み込んでいたら、口内炎になりました(バカですね)。

 

なんか、薬や消化の悪いガムで胃が荒れ、口内炎になったみたいです。

 

f:id:mizue338:20161101223945j:plain

 

現在は、ここ数年、口内炎になったことがありません。

気管支炎になることも少なくなり、なったとしても咳止めの薬を

飲まないようにしています。

もちろん、ガムも飲み込みません。

 

また、ビタミンB類の市販薬も常備してあり、

体の調子が悪いときに飲むようにしているのも

口内炎にならない原因かもしれません。

 

ひとこと

 

以前、私は歯茎もよく腫れました。

歯をよく磨いているに1~2ヶ月に1回以上は腫れていました。

 

原因は、歯と歯の間の食べ物のカスでした。

 

歯医者さんのヘタクソな治療のおかげで、左側の奥歯と奥歯の間に

隙間ができてしまい、そこに歯磨きではとれないカスが残ってしまうのです。

 

普通の歯間ブラシでは、完全にとれません。

糸でゴシゴシしてとります。

 

少し面倒くさいですが、糸の歯間ブラシを使い出してから、

歯茎が腫れることはなくなりましたo(^▽^)o