みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

暖い食べ物で健康アップ!風邪と便秘を防ぎましょう?

  

f:id:mizue338:20161031224438j:plain

 

冬になれば風邪やインフルエンザなどに罹りやすくなります。

これらを防ぐために体を温めることが必要です。

 

外であれば衣類、屋内であれば暖房や加湿器があげられますが、

もう一つ忘れてはいけないものがあります。

 

それは食べ物です。

食べ物で体を温め代謝や免疫力を強化しましょう。

 

とくに体の免疫機能の60%程度が集まっている腸を温め、

元気にさせることが大事です。

 

 

体を冷やす食べ物とは?

 

体を冷やす食べ物ばかり食べないようにしましょう。

 

意外なことに、うどん、白いごはん、白いパンは体を冷やします。

この他、白砂糖、豆腐、化学調味料、牛乳なども同じように体を冷やします。

 

つまり、精製された食品は体を冷やす傾向にあります。

精製された食品は白色のものが多いです。

 

f:id:mizue338:20161031224937j:plain

 

食べ物の色によって、体を冷やす食べ物なのか温める食べ物なのかを

およそ区別ができます。

 

の食べ物は体を冷やします。

オレンジ色の食べ物は体を温めます。

 

体を冷やす食品は、体を温める食材と一緒に食べれば、

体を温めることができます。

 

精製された食べ物以外に体を冷やす食品は、

レモン、スイカ、ミカン、パイナップル、バナナ、マンゴーなど

暖かい地域で収穫された果実やその果実のジュースなどです。

 

飲料では、コーヒーや縁茶、抹茶、豆乳、牛乳、麦茶、水などです。

 

もちろん、冷蔵庫で冷やして置いて、そのまま食べるヨーグルトやアイスクリーム、冷たい飲料なども体を冷やします

 

これらの食べ物が腸に達すれば、

当然、腸が冷やされ、免疫力や扇動運動が低下して、

風邪や様々な病気にかかたったり、便秘になったりします。

 

でも、これらの食べ物を食べないわけにはいきません。

なるべく体を温める食品と一緒に食べるようにしましょう。

 

 

体を温める食べ物は何か?

 

体を温める食べ物ので有名なのが、しょうが、長ねぎの白い部分、唐辛子などです。

他には、人参、豆類、赤ピーマン、かぼちゃ、にら、にんにく、たまねぎ、大根、いも類、ゴマ、ピーマン、ブロッコリーなどです。

 

飲料ではココアが有名です。

ココアの体を温める効果は、しょうがに匹敵するともいわれています。

 

しょうがと違ってココアはお湯だけで飲めますし、

粘膜に対してもやさしいです。

 

でも、純ココアは、昨日と今日、近所のスーパーで品切れになっていました。

何が原因なのかはわかりませんが・・・・?

 

f:id:mizue338:20161031225026j:plain

 

発酵されたお茶類も体を温めます。

ウーロン茶やプーアール茶、ほうじ茶、紅茶などです。

 

寒い冬は、これらの体を温める食べ物をなるべく多く食べ、

風邪やインフルエンザへの抵抗力をつけましょう。

 

また、腸が暖まれば便秘解消にも効果があるそうなので、

積極的にとっていきたいです。

 

 

ひとこと

 

ホットヨーグルトというのがあります。

 

冷蔵庫で冷えたヨーグルトでなく、

少し暖めたヨーグルトを食べると、腸が暖まり働きがよくなるそうです。

善玉菌の活動も活発になるそうです。

 

私は、ヨーグルトを食べて便秘気味になりましたが、

ホットヨーグルトにすれば、良い効果があるかもしれません。

 

こんど、試してみます(*´-`*)〕