みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

メープルシロップはカロリー&糖分が低い!

 

f:id:mizue338:20160919115753j:plain

 

ファミレスやファートフード店のメニューに

ホットケーキがありますが、

甘党の私の大好物でもあります。

 

気になるのはホットケーキかけるシロップ。

 

数年前まであのシロップはハチミツだと思っていました。

もちろんハチミツの場合もありますが、

メープルシロップ(あるいは人工甘味料)が定番のようですね。

 

最初のころ、

「メープルシロップって何なんなの。ハチミツの一種かな?」

と思いました。

 

 

メープルシロップの原料は何か?

 

メープルシロップとはハチミツとは

まったく違うものたったのです。

 

カエデ(槭、槭樹、楓)という木の樹液を煮詰めたものなんです。

 

カエデは128種もあり、アジア、ヨーロッパ、北アフリカ、北アメリカなど

に存在します。

 

でも、メープルシロップは、カナダのケベック州やその周辺の州、

アメリカの一部で採集できます。

 

カナダの国旗には、中央にカエデの葉が画かれています。

 

メープルシロップはカナダの特産品なのです。

 

f:id:mizue338:20160919120035j:plain

 

メープルシロップの樹液は、収穫期が短く2週間前後です。

1本の木からとれる量は少なく、1リットルのメープルシロップを

作るのに40リットルの樹液が必要です。

 

メープルシロップは樹液から作られています。

一方、ハチミツは植物の花と蜂の分泌物できています。

 

メープルシロップは早く悪くなるので、賞味期限が短く、

開封後は早めにたべましょう。

 

ハチミツは殺菌力が強いため長持ちします。賞味期限も長いです。

 

 

メープルシロップの糖度とカロリー

 

ハチミツの主な成分は果糖とブドウ糖で

80%以上あります。

 

一方、メープルシロップの主な成分はショ糖で

66%以上あります。

 

ですのでハチミツよりメープルシロップの方が

糖分が少ないのです。

 

メープルシロップのカロリーは100グラムあたり

257キロカロリーです。

 

パンなかける量はおよそ20グラムと考えれば、

51キロカロリーです。

 

ご飯お茶碗一杯の3分の1弱ぐらいですね。

 

でも、メープルシロップは栄養が豊富なので、

血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

f:id:mizue338:20160919120430j:plain

 

主な栄養分は、マグネシウム、カルシウム、カリウム、亜鉛、マンガン、

脂質、炭水化物、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイシアンなど。

 

中でもカルシウムはハチミツの約40倍

カリウムは約20倍も含まれているそうです。

 

また、メープルシロップには63種類のポリフェノールが含まれていることが、

アメリカ・ロードアイランド大学から発表されています。

 

これらのポリフェノールは、体の糖化を防ぐそうです。

 

糖化とは、体に過剰に摂られて処理しきれなかった糖分が

蛋白質と結合してAGEsという老化物質に変化することです。

 

AGEsによって、肌のシワが増えたり、くすみ、骨粗しょう症、

高血圧、糖尿病、動脈硬化などの原因になるそうです。

 

ほんと、すぐれた食べ物ですね。メープルシロップって!

 

カナダでメープルシロップを伝統的な手法を紹介している動画です。



 

 

ひとこと

 

メープルシロップって安いのかと思っていたのですが、

いろいろグレードがあり、最上級品はけっこうなお値段らしいです。

 

だから、スーパーにあるメープルシロップは、

「メープル風味」や「ケーキシロップ」という人工甘味料が安価で

販売されています。、

本物のメープルシロップとは、まったく別物だそうです。

 

購入の時は、よく表示を見て買ったほうがいいですね。

 

私が以前、

「安くておいしい!」

とパクパク食べていたホットケーキシロップは、

たぶん、人工甘味料だったんだろうな・・・・?

 

でも、おしかったです(●^o^●)

 

f:id:mizue338:20160919120527j:plain