みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

冷やし中華でダイエット!? レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)で「やせ菌」を増やせ!

f:id:mizue338:20160826142357j:plain

 

冷やし中華でやせられる・・・・?

 

そうです!

冷やし中華も「やせ効果」のある食べ物です。

 

以前、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)の

記事でも書きましたが、

冷えた炭水化物は「やせ効果」があるそうです。

 

冷やし中華や寿司、おにぎり、ポテトサラダ、

ざるそば、パスタなど、冷やしてあれば、

レジスタントスターチが増えて、

「やせ効果」が期待できるのです。

 

レジスタントスターチは、

糖として小腸で吸収されにくく、

冷やしていない状態よりもそのまま大腸へ、

送られる量が多くなります。

 

小腸で吸収されないのだから、

「やせ効果」があるといえますが、

それによって「やせ菌」というものが増え、

「やせ効果」が発揮されるそうです。

「やせ菌」もやせるための一因なのです。

 

 

やせ体質の人は「やせ菌」が多い。

 

でも、いったい「やせ菌」とは何なのでしょうか?

簡単にいえば「善玉菌」のことです。

通常、有用菌のことを善玉菌、有害菌を悪玉菌と呼ばれています。

 

腸内細菌を大きくわけると、3種類の菌にわかれます。

善玉菌(有用菌)、悪玉菌(有害菌)、日和見菌です。

この3種類の菌の比率は以下のとおり。

 

・善玉菌(有用菌):20%

・悪玉菌(有害菌):10%

・日和見菌:70%

 

人によって、この比率は違います。

 

善玉菌が多ければ健康に良いし、やせ体質になります。

悪玉菌が多ければ、その逆になります。

 

そのため、やせ体質の人の腸には善玉菌が多いのです。

 

 

大食い女王は、善玉菌が多かった

 

以前、テレビでよく見かけた、

大食いタレントのギャル曽根は、

腸内のビヒィズス菌など善玉菌の数が

とても多かったそうです。

 

そのせいかどうかは語られていませんでしたが、

ものすごい大食いなのに、ギャル曽根って、

とても痩せていますね。

 

f:id:mizue338:20160826142451j:plain

 

善玉菌(有用菌)には、ビタミンの合成や消化吸収を助け、

免疫力をアップに効果があるそうです。

 

消化吸収がスムーズになると、

余分な脂肪が体に貯まりにくくなり、

ダイエットに効果的とのこと。

 

もちろん、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)だけでなく、

ヨーグルトや納豆、キムチななどの発酵食品や、

善玉菌の餌になるオリゴ糖なども、

似たような効果が期待できそうです。

 

 

ひとこと

 

最後にプレゼントがあります。

 

なんでしょうか・・・・?

 

「ネタ」です。

 

f:id:mizue338:20160826142529j:plain

 

冷やし中華を題材にした小話のネタです(以下は、そのネタ)。

 

・・・・中華そば屋に一人のお客が入りました。

店員「ご注文は何ですか?」

客「冷やし中華」

店員「わかりました」

・・・・少し時間がすぎてから、

客「遅いな。まだ出来ないの!」

店員「えぇ、今、そばを冷やしています」

客「そうか。冷やしちゅうか・・・・」

店員「そうです。冷やしちゅうか(冷やし中華)・・・・です!」

客「ギャッ、ハッ、ハ、ハ、ハー」

・・・・完

 

というくだらない小話でした(汗)。

 

参考:Yahoo!Japanニュース冷やし中華でやせる!?人類よ「ヤセ菌」を増やせ!〈dot.〉

憧れの痩せ体質になれる!痩せる腸内細菌を増やす3つの方法| ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!