みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

がん予防効果の高い最強の野菜・クレソンとは?

f:id:mizue338:20160818091703j:plain

 

健康に良い野菜といえば、

くさるほどあるので、挙げると切りがないですが、

この野菜だけは一押しです。

 

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」で、

紹介されていた「クレソン」というアブラナ科の植物です。

 

キャベツ、ダイコン、ブロッコリーなどもアブラナ科の植物です。

クレソンはステーキやハンバーグに添えてある、

つけあわせ用に、よく使われています。

 

f:id:mizue338:20160818091732j:plain

 

でも、見た目と違い、そのがん予防効果は、

他の野菜をダントツに引き離しています。

 

アブラナ科の植物は辛味成分である、

イソチオシアネートを含んでいます。

 

このイソチオシアネート人間の体内に吸収されると、

強い抗酸化作用があります。

 

これにより人体に有害な活性酸素を除去し、

がん予防効果があると考えられているそうです。

 

国際がん研究機関(IARC)でも、

アブラナ科の植物にがんのリスクを、

減少させると発表しています。

 

 

アブラナ科野菜の中でもダントツのクレソン

 

がん予防効果のあるイソチオシアネートの含有量(100gあたり)を、

比較すると、次のとおりです。

 

クレソン→81.3

ブロッコリー→38.6

キャベツ→27.5

カリフラワー→11.6

 

1日にどれだけ摂れば予防効果があるのかは、

具体的な量はわかっていないそうです。

 

ただ、クレソンの過剰摂取は腎機能に障害を引き起こす、

という報告もありますので、

食べ過ぎないようにしたほうがいいです。

 

 

クレソンの食べ方

 

クレソンは、ステーキやハンバーグなどのつけあわせやサラダに使われますが、もちろん、それだけではありません。

 

ある意味、料理しやすい野菜かもしれません。

 

イソチオシアネートは熱しても壊れませんので、

味噌汁の具や炒め物、おひたし、サラダ、天ぷら、などいろいろ工夫を凝らして、

料理が楽しめそうです。

 

 

ひとこと

 

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」を見て、

私も、次の日、スーパーに買いに行ったら、

売り切れていました。

 

2週間ぐらいして、スーパーに買いにいったら、

一束ありましたが、買いませんでした。

 

クレソンって手に入れるのが面倒くさそうな野菜だな、

と思って、あまり気合いを入れて買い求めるのはやめました。

 

代わりにブロッコリーを食べるようにしました。

前記の表にあるとおり、クレソンにかなり及ばないものの、

それでも、多くのイソチオシアネートを含んでいます。

そして買い求めやすいです。

 

価格にくらべ量も多い気がします。

 

ブロッコリーは、私の家の近所のスーパーで簡単に買えます。

冷凍ものなら、電子レンジでチンするだけで、

簡単に食べれます。

 

マヨネーズや天然塩、肉や卵のつけあわせにして食べています。

 

参考:健康長寿の道

 

f:id:mizue338:20160818091837j:plain