読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

体内時計(ビーマルワン)で効率的にダイエット

f:id:mizue338:20170205022300j:plain

 

体内時計といっても、単純にいえば、

人間の体が無意識に認識している時閑のことだそうです。

 

それはそうですね、朝、昼、夕、夜って誰でも私でもわかります。

このブログ記事を書いている時間は夕方です。

 

まっ、そんな理屈よりも、私にとって大事なのは、

ダイエッット。この体内時計(ビーマルワン)の関係で、

夜は昼の20倍の脂肪が蓄積されるんだって。びっくりしました。

 

3時のおやつは理に適っている?

午後の3時ごろが、脂肪を体に溜め込みにくい時間帯だ、

ということを何かの本で読んだような気がします。

 

そういえば、「3時のおやつは文明堂~♪」とかいうCMがありますが、

3時におやつを食べるのは、

ダイエットの観点からすると、

理に適っているのかもしれないですね?

 

なんで、そんなに違いがでるのかな?

これは、とても専門的なので、

素人の私には、とてもわかりません。

 

体が脂肪を吸収するときは、ンスリンもつかわれるので、糖尿病にも関係あるのかも?

 

まっ、これを、いいほうにとらえ、昼は多少、大食いしてもいい、

ということかもしれませんね。

 

寝る3時間前に食事を済ませる

以前の私は、残業で帰宅が遅くなると、

ご飯を食べて、すぐ寝ていました。

帰宅が早くても、寝る前って、すごくお腹が空くので、

ガツガツ食べてから寝ていました。

 

だから、こんなに太ってしまったんですね。

f:id:mizue338:20160712215524j:plain

寝る3時間前に食事を済まさないと、

体内時計の点からだけでなく、内蔵が休まりません。

 

寝る前に食事すると、翌朝は食欲がなく、

朝食を抜かしがちなります。朝食を抜いているので、

昼食を食べ過ぎてしまいます。

 

昼食を食べ過ぎると、眠くなり、

午後の仕事の効率があがりません。

いいことなしです。

 

今まで「食べたい」という誘惑に負けていた私ですが、

マインド(心)を入れ替えました。

 

お腹が空いても、自分の腹の肉をつまんで、

「ここにたくさん食べ物があるじゃないか」と、

自分に言い聞かせることにしたのです。

 

自動車に例えるならば、ガソリンタンクが満タンなのに、

トランクや助手席、後部座席にまで、

タンクに入れてガソリンを補充しようとしないはずです。

 

生存本能に勝て?

でも、人間は、長い飢えとの戦いの歴史があるため、

必要以上に食べたものを脂肪としてため込んでしまうのですね。

 

マンモスや鹿、猪を食べていた原始の時代は、

現在のようにスーパーもコンビニもありません。

食べられる時にできうる限り食べ、

食べられない時のために脂肪として体にカロリーをため込む必要がありました。

 

原始の時代につくられた食に対する生存本能が、私たちの体に現在も残っているのですね。

 

だから、ダイエッットとは「生存本能」との戦いなのかもしれませんね・・・・。

 

我々、人類とチンパンジーの祖先は同じだといわれていますが、

チンパンジーは、どうなんでしょうか? 

私は、太ったチンパンジーなんて、テレビやネット、

動物園でも見たことがありません。

 

ジャングルで果樹や小動物などの食べ物に恵まれたチンパンジーは、

人間よりも脂肪をため込まない体質なのかもしれませんね。

これは、あくまで私の想像上の見解です。

 

 f:id:mizue338:20160713172100j:plain