みずおのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

歴史のワンパターンである一神教と多神教の関係??

f:id:mizue338:20190919220332j:plain

   

よく「歴史は繰り返す」といいますが、これは歴史がワンパターンであるからです。

 

 一神教と多神教の関係も、とてもワンパターンです。人類の歴史は、一神教と多神教が広まったり、融合した歴史であったといえるかもしれません。

 

環境が過酷な状態になると、一神教の神や人などを敬ったり、リーダーとしてたてたりします。

 

子供のころ、隣りのクラスのいじめっ子達がやってくると、クラス内でリーダーを決め、隣りのクラスに対抗しようとします。

 

それと同じです。

 

ヨーロッパの国々は、中国よりも狭い地域に多数の国がありました。隣りの国が攻めてくると、国内でリーダーを決め対抗します。

 

隣国に負けない、より強いリーダーをつくるためには、神格化してカリスマ化する必要がありました。そこから一神教が尊ばれるようになったのです。

 

そして、ヨーロッパ全体が一神教であるキリスト教を信仰するようになりました。

 

ヨーロッパに比較して東洋は、広い地域で自然環境に恵まれていました。ヨーロッパほど環境が過酷ではなかったのです。

 

だから一神教のような強力なリーダーを求めるような信仰は、ある時期まで必要性が低かったのです。

 

もともと多神教の国であった日本も、一時的に一神教が広まった時期が3回ほどありました。

 

いずれも過酷な状況におかれた時でした。

 

 

中国の一神教とは何か

 

中国の三大宗教は、儒教、仏教、道教といわれています。秦の法事国家を除いて、三大宗教が代わる代わる国教として信仰されていました。

 

この中国三大宗教は、神を信仰したりしないので、一神教とはいえない面もありました。

 

ところが、宋の時代、一神教が現れたのです。儒教から派生した朱子学です。中国は世界の中心という中華思想です。それまでの中国三大宗教と違い、たいへん求心力の強い教えでした。

 

西遼、金、西夏などの異民族に圧迫されていた宋は、国内の団結力を強めるため、朱子学を国教としたのでした。

 

しかし、ヨーロッパのように国同士の文明の戦いがおこらなかったため、朱子学のおかげで、進歩が遅れてしまいました。

 

 

日本にも一神教の時代があった

 

飛鳥時代、日本が大陸の唐や新羅の脅威を受けたとき、天皇が誕生しました。神話の時代から天皇は続いていいるのですが、天皇という呼称がつかわれたのが、この時代でした。

 

それまでは、大君とか大王とか呼ばれていたのです。天皇と呼ぶことによって権威を高め、唐や新羅に対抗しようとしたのです。

 

少し一神教に近いですね。

 

ほぼ完璧に一神教に近い時代がありました。戦国時代の浄土真宗です。宗主を生き仏として、阿弥陀仏を拝むことによって西方浄土にいけるとした教えです。

 

戦国の過酷な状況が、浄土真宗を一神教のような信仰に変貌させたのでした。浄土真宗の門徒は、日本のキリシタンとまでよばれています。

 

昭和初期は、天皇を信仰する国家神道なるものが生まれました。これは、まさしく一神教でした。

 

仏教を禁止する廃仏毀釈令がだされ、お寺が破壊されたのです。奈良の興福寺も、この時に壊されました。

 

アメリカやイギリス、中国などを敵にまわしていた日本は、一神教で国内を団結する必要があったのです。

 

いずれにしろ、過酷な状況におかれると、一神教が生まれる傾向にあるわけです。

 

 

ひとこと

 

日本人は、クリスマスはキリスト教、正月は神道、冠婚葬祭は仏教など、特定の宗教にこだわりません。

 

これも、日本が平和なおかげですね。

 

 

信長と光秀は、正直者がバカを見るの典型だった!?

 

f:id:mizue338:20190917235011j:plain

 

明智光秀が本能寺で、織田信長を殺害した理由について、いろいろな説があります。

 

でも、信長の自殺願望、徳川家康や秀吉の陰謀など、いまいち説得力に欠けます。文書で証拠が残っていないので、しかたありません。想像するしかないのです。

 

しかし、ひとつ言えることがあります。信長が正直すぎたため、周囲から恐れられ、その結果、横死してしまったということです。

 

石山本願寺の宗祖や、キリスト教の宣教師みたいにウソばかり言っていれば、おそらく本能寺の変は起こらなかったでしょう。

 

信長のおこなった政策は、ヨーロッパより数百年、早いものがありました。当然、当時の人々には、理解できないことばかりです。

 

その信長が天下を手中の収めつつあったのです。人々が不安にならないわけがありません。その点を見誤ったといえるでしょう。

 

いや、信長は、そのことをわかっていながら、宗教家のうようなウソを嫌い、真っ正直に突き進んで、自滅したといえるかもしれません。

 

それと、「もう天下をとったも同然だ」というような慢心もあったと思います。

 

もし、信長がウソばかり言っていれば、本能寺の変はおこらなかったかもしれませんね。

 

 

ウソつきが天下をとる

 

権力をつかむためには、ウソが欠かせません。歴史や近年の政治家を見ても、ウソつきが天下をとっています。

 

信長も、もう何年かウソをつき続ければ、天下がとれたことでしょう。

 

当初、信長もウソの名人でした。没落した将軍家の子孫である足利義昭を、京につれていき将軍にしたころは、誰もが信長のウソに騙されました。

 

足利義昭も周囲の人々も、信長が本気で足利幕府を再興するために忠義をつくしたと思ったのです。

 

将軍擁立の大義名分を得た信長は、近畿一帯の広大な領土を手中にすることができました。その後、将軍に利用価値がなくなると、蔑ろにするようになります。

 

このころまでの信長は、ウソのかたまりのような人間でした。

 

ところが、ストレスがそうとう溜まっていたのでしょうか。あるいは油断だったのでしょうか。だんだんウソがつけなくなり、本音をだすようになります。

 

重臣の佐久間信盛や林道勝を追放したり、天皇を蔑ろにする態度をとります。敵や造反者をつくる行動ばかりします。

 

これまで天下をとった人間の行動を見ると、天下をとるまでは、周囲を信用させるため、極力、疑われたり、恐れられたりすることはしません。

 

後の豊臣秀吉や徳川家康をみてもそうです。

 

秀吉は、ギリギリまで織田家再興のために動いているふりをしていました。家康も、関ヶ原で勝利するまで豊臣家への忠義を装っていました。家康は後に「タヌキじじい」というあだなまでつきました。二人とも大ウソつきだったのです。

 

また、家康の場合、豊臣側の大名を信用させ味方にしています。しかし、天下をとった後、それらの大半の大名を取り潰しています。味方に対しても大ウソつきでした。

 

敵を増やさないためには、ウソが大事です。

 

信長も、秀吉や家康と同じようにしていれば、99パーセント天下をとっていたでしょうね。残念!

 

 

光秀もバカ正直だった

 

「走狗煮らる」という言葉があります。ウサギや鳥がいなくなると、猟犬が必要なくなるので、煮て食べしまう、という意味です。

 

光秀は、自分も猟犬のように殺されると思ったのです。

 

すでに佐久間信盛や林道勝が追放されていました。次は自分の番だと思ったのでしょう。

 

天皇を蔑ろにする態度にも反感をもつ人々も多かったのです。それらを味方に引き込み、さらに反織田勢力と手を組めば、もしかしたら謀反が成功するかも、と考えたのかもしれません。

 

しかし、結果的に秀吉に天下を譲ることになってしまいました。

 

本能寺の変は、光秀が天下に「私は謀反人です」と正直に宣言したのも同じです。つまり、正直なため、天下を敵にまわすことになります。

 

バカ正直に謀反をおこした光秀が、ウソつきの秀吉に漁夫の利をとられてしまったのでした。

 

秀吉は、毛利に、信長が生きているような大ウソをついて、逃げてきたのです。

 

ある意味、信長も光秀も、正直者がバカを見るの典型だったかもしれませんね。

 

 

ひとこと

 

心に思ったことを、考えもせず、そのまま言葉や行動に移すとろくなことがありません。

 

常に自分の心や感情をコントロールすることが大事です。・・・・と思っても、なかなか難しいですね。

 

風邪の予防にタンパク質が効く!?でも取り過ぎると腎臓に悪い?

 

f:id:mizue338:20190915132524j:plain

 

最近、涼しくなってきて夏の終わりを感じさせます。

 

これから季節の変わり目は、風邪を引きやすくなります。最近、私は風邪予防のために、タンパク質を多めにとるようにしましたが、効果てきめんです。

 

これまで風邪予防にネギやココアをとるようにしていましたが、効果がイマイチでした。

 

ブログにも書いたりして、効果を期待していたのですが、何回か風邪を引きました。

 

その原因は、タンパク質の不足でした。

 

いくら体を温めたり、免疫力を高める食事をしても、その材料になるタンパク質が不足していては、話になりません。

 

寒暖差の激しい9月ごろになると、私はよく風邪を引いていましたが、今年は一回も引いていません。

 

効果があると実感しています。と同時に、これまでタンパク質が不足する食生活を反省しました。

 

意外にタンパク質を不足なく毎日とるのは難しいことがわかりました。

 

 

タンパク質は意識して取らないと不足する

 

私は、これまでタンパク質は十分に足りていると思っていました。しかし、タンパク質は、思ったより取りにくい栄養です。

 

たとえば牛乳や豆乳、卵のタンパク質は、思ったり少ないです。私は、牛乳や豆乳をたくさん飲むので、足りていると思っていましたが、間違いでした。

 

成人男性は、1日50~60グラム、成人女性は、1日40~50グラムのタンパク質が必要とされています。

 

牛乳や豆乳は100グラムあたり4~5グラム、卵1個が6.5グラムほどです。意外に少ないです。

 

だから牛乳や卵だけでは、1日50グラム以上のタンパク質をとるのは難しいです。

 

ラーメンや焼きそば、パスタ、パンなどばかり食べていては、タンパク質不足になります。

 

テレビの健康番組で肉を積極的にとりましょう、言っていたことがうなずけます。鳥のもも肉や魚の切り身で、20~30グラムのタンパク質がとれます。

 

肉や魚が効率いいですね。

 

 

タンパク質を取り過ぎると腎臓を痛める

 

一昨日、健康診断に行きました。すると尿のタンパク質が少し多いと診断されました。このようなことは、生まれて初めてです。

 

おそらく、タンパク質の取り過ぎが原因だと思います。

 

タンパク質を取るために、1日卵を5個も食べたり、肉をがつがつ食べたからだと思います。その時の塩や調味料をたくさん取り、塩分過多になったのも一因と思います。

 

ちなみにコルステロール値は、正常でした。

 

以前は、卵の食べ過ぎはコルステロール値を上げると言われていましたが、数年まえに、その説は間違いであったとされています。

 

今回の数値を見て、そのとおりだと思いました。

 

 

ひとこと

 

ここ2年、健康診断に行っていませんでした。

 

でも、やはり健康診断は大事ですね。めんどくさくても、今後は、行くようにします。

 

「信長とフロイスの対話」を書いて、一神教と多神教の面白さがわかった!!

 

f:id:mizue338:20190913211225j:plain

 

 小説「信長とフロイスの対話」は、一神教であるキリスト教と多神教のような仏教(?)について、信長とフロイスが、議論をしている小説です。

 

一神教と多神教というと、とてもつまらない感じがしますが、そうではないのです。

 

私も、神に話は、つまらないと思っていたのですが、小説を書き終わった後、そうでもないと思いました。

 

一神教と多神教が歴史に与えた影響は、なかなか興味深いです。

 

歴史の教科書やうんちく本を読むと、いろいろ書かれています。しかし、私なりに一神教と多神教の関係をとらえることができたのです。

 

・・・・と、一人で自己満足して喜んでいます。

 

 

西洋は原理主義と現実主義のバランスが良かった

 

一神教の原理主義の欠点は、一度、決められた教えが間違っていても、それを認めないことです。

 

原理主義に陥ると、自己犠牲や他人を犠牲にすることを正義とする信念ができてしまいます。古い話ですが、浅間山山荘事件や地下鉄サリン事件など、まさにそうでした。

 

西洋の魔女裁判や地動説への迫害など、数え切れないほどあります。

 

近年でも、電気理論で有名な、オームが発見した「オームの法則」も、神への冒涜といわれ、迫害されたのです。

 

だから一神教の原理主義は、とてつもない悪だ、という気がしてきますが、ヨーロッパではそうでもなかったのです。

 

なぜならば、原理主義を修正する機能があったからです。その機能とは、西洋の狭い地域にある多数の国々です。

 

ある国が一神教の原理主義に陥り、国力が衰退すると、他国から攻められ、負けたりします。

 

つまり、痛い目に合うのです。

 

痛い目に合った国は、反省して、「一神教の原理主義」ではダメだとなります。原理主義から「現実主義」になるのです。そして改革がおこります。

 

西洋は、常に国同士で反省したり欠点を教えあったりすることができたのです。

 

なので西洋は、一神教の原理主義にもかかわらず、長期的には原理主義に陥らず、現実を改革して、やがて産業革命を成しとげます。大いに発展することができました。

 

一神教の原理主義の長所は、ひとつの目標にむけて多くの人々を糾合できる点です。

 

西洋は、原理主義と現実主義のバランスが絶妙にコントロールされていたといえましょう。

 

 

多神教の東洋は、長期的には一神教の原理主義になった

 

西洋と逆の発展をしたのが東洋です。

 

中国や朝鮮は、もともとは多神教の国です。しかし、最後は、「中華思想」という一神教みたいな原理主義に陥ります。

 

具体的には、中華思想を賛美する朱子学の原理主義国家となります。

 

19世紀、中国、朝鮮は、自分達は世界の中心であるという原理主義から抜け出せなかったのです。西洋と違い、現実に目をむけることができなかったのです。

 

だから、当時の西洋列強に対抗することができず、領土を蚕食されました。

 

この原因は、中国、朝鮮は、西洋のような原理主義を修正する機能がなかったからです。西洋に比べると、平野が多く、多くの国が併存しにくい環境にあったことも一因でしょう。

 

現実主義よりも原理主義が優勢なまま、19世紀をむかえてしまい、西洋に大きく遅れをとってしまったのです。

 

日本は、島国だったので、中国や朝鮮の影響を受けず、原理主義よりも現実主義が優勢でした。なので明治維新をなしとげ、西洋の侵略を防ぐことができたのでしょう。

 

 

ひとこと

 

小説やブログ書いたり、本を読んだりすると、どんどん書きたいテーマが浮かんできます。

 

時間ができたら書きまくろうと思います。

 

こうしてブログに書くと、備忘録や小説を書くときの資料にもなります。ブログと小説の併用って、なかなか便利です。

  

小説を書くコツが少しわかった!?信長とフロイスの対話を小説にしてみた!!

 

f:id:mizue338:20190913153912j:plain

 

六冊目の小説「信長とフロイスの対話」をAmazon電子書籍に出版しました。

 

13ページしかないので、超短編小説です。長い物語にしたかったのですが、やはり無理でした。途中で力つきてしまいました。

 

プロの小説家は、膨大な書籍や資料を集めてから小説を書くそうです。私の場合、ネットでちょこちょこ調べる程度なので、長く書けるわけがありません。

 

あくまで仕事の合間の趣味として書いているので、仕方ありません。

 

でも、電子書籍のいいところは、後から書き足したり修正ができる点です。六冊の電子書籍を、暇なときに書き足していきたいと思います。

 

 

ヘタウマ小説を書くコツがわかった

 

よく紙に書いたことが実現するといわれています。私の場合、書いていると、いろいろなことに気づき、あれも書きたい、これも書きたいというアイデアが生まれます。

 

不思議なものです。

 

しかし、文章は、自分ながらにとても下手くそだと思っています。最初は、恥ずかしくて、Amazonに出版する気にはなれませんでした。

 

ところが、コツがあったのです。

 

それは、下手くそでもとにかく書いてみて、何度も読み返すことです。他人の文章を読む感覚であら探しをします。そして、修正をします。

 

時間がかかりますが、これをやると、かなり、まともな文章になっていきます。もちろん、自己満足の範囲でですが。

 

昔の小説家は、紙の原稿用紙に書いていましたから、こんなことはできません。今は、ワードか一太郎で簡単にできてしまいます。

 

ブログで書くのもいいですが、電子書籍は違った意味での楽しさがあります。

 

 

売れる工夫をしてみたい

 

しかし、たくさんの人に読んでもらわなければ楽しくありません。

 

一冊目を無料キャンペーンで出版したら、何千人もの人が読んでくれました。二冊目からは数百人が数十人という落ち込みようです。

 

電子書籍を出版する人が増えているせいかもしれません。あるいは、私の小説の内容が不評のせいかもしれません。

 

二冊目からは極端に短い小説になってしまったので、それが原因かもしれません。徐々にページ数を増やして、他の小説HP、「KOBO」や「小説家になろう」にも投稿したいと思います。

 

今は更新が休みがちなブログですが、ブログで宣伝するのもよさそうです。時間ができたら挑戦したいです。

 

 

ひとこと

 

電子書籍は、ブログを書くよりも時間がかかりますが、楽しいです。今後も続けていきたい趣味です。

 

 

   

鑑真の使命とは何か!?天台宗を伝えるために日本にきたのか?

  

 

f:id:mizue338:20190802221431j:plain


 

ブログは長いことお休みしていましたが、短編歴史小説を三冊書きました。

 

その中の一つ「鑑真の使命」は、我ながらに斬新な内容だと自己満足しています。でも、他人からみたら、アホだと思われるかもしれません。

 

鑑真は、戒律を説く律宗を日本に伝えたことで有名ですが、私は、絶対に天台宗を伝えにきたと思っています。

 

ところがネットや書籍を見てみると、律宗をメインに伝えにきて、天台宗はオマケで日本に持ち込んだ感じで書かれています。

 

絶対に違うと思います。

 

なぜならば、律宗は、会社でいえば就業規則のような教えだからです。勤務時間や休日、無断欠勤はいけない、セクハラもいけない、などというような細々とした規則が説かれているからです。

 

就業規則のような、つまらない教えを、命をかけてまで鑑真が日本へ伝えようとするでしょうか。

 

やはり社運をかけた極秘事項のようなものでないと、なかなか、あそこまで頑張れないと思います。

 

ちなみに仏教の代表的な戒律の五戒は、不殺生戒(生き物を故意に殺してはならない)、不偸盗戒(他人のものを盗んではいけない)、不邪婬戒(不道徳な性行為を行ってはならな)、不妄語戒(嘘をついてはいけない)、不飲酒戒(酒類を飲んではならない)・・・・・・などです。

 

お酒を飲んではいけないというのは、ちょっといやですね。実際は、酒のことを般若湯といってお坊さんはガブガブ飲んでいたそうです。

 

不道徳な性行為もかなり行っていました。これはあまり気持ちよくないので書かないことにします。

 

 

律宗よりも天台宗のほうが歴史に与えた影響が大きい

 

そうなんです。律宗は、比較的、影響力が非常に小さい宗派とも言えます。私の家の付近はおろか、どこへ行っても律宗の寺を見たことがありません。

 

それに比べると、天台宗と天台宗から派生した浄土宗、浄土真宗、日蓮宗の寺院の数はメチャクチャ多いです。

 f:id:mizue338:20190802221510j:plain

それだけ天台宗の影響力が強かったことを物語っています。織田信長が争った宗派も天台宗、浄土真宗、日蓮宗などです。

 

戦国時代、この三宗派は巨大な暴力集団と化していました。ときに戦国大名以上の軍事力をもち、恐れられていました。

 

天台宗は、良い面でも悪い面でも歴史に大きな影響を与えたのです。

 

 

宗教は水や火と同じだ

 

水や火と同じで、利用の仕方で善にも悪にもなります。

 

火を誤って利用すると火傷や火事の災難を起こします。暖防や灯り、料理、風呂などに利用すれば恩恵をもたらします。

 

宗教もおなじではないか・・・・・と思っているのですが、これがなかなか難しい。

 

というのも宗教は、とても抽象的だからです。人によって、どのようにでも、とらえることができます。だいたい自分の都合のよいように解釈することが多いのではないでしょうか。

 

f:id:mizue338:20190802221544j:plain

 

だから天台宗からも土宗、浄土真宗、日蓮宗などの宗派が派生して、さらに孫やひ孫の宗派まで派生していきました。

 

あらゆる面で日本の宗教界に大きな影響を与えた天台宗は、それだけ価値のある教えなんだといえるのではないでしょうか。

 

そう考えると、やはり鑑真は天台宗を日本に伝えにきたと思ってしまいます。

 

f:id:mizue338:20190802221603j:plain

超短編歴史小説「鑑真の使命」Amazonで販売中 

 

ひとこと

 

そもそも人間の心自体が、とても抽象的ですね。

野良猫の子猫を飼おうとしたら、母猫が邪魔して飼えない!

 

f:id:mizue338:20181125100406j:plain

 

窓からやってくるキジトラ子猫を飼おうとしましたが、あきらめました。この記事で紹介したウズラ猫です。

  

www.mizue338.net

  

理由は、母猫が邪魔をするからです。

 

母猫の子猫を思う愛情は強烈です。我が子のためなら、火の中、水の中という感じです。

 

母猫さえいなければ、ウズラ猫を飼えたのに残念です。

 

動物愛護法で猫は守られているので、母猫を無理に近所から追い出すわけにもいきません。

 

今回は、母猫の執念に負けました。

 

 

子猫二匹を保護したら、母猫が怒りまくった

 

親戚の紹介で、子猫二匹の里親さんが見つかりました。

 

ウズラ猫の兄弟を里子に出し、私は、ウズラ猫を飼おうと思いました。

 

兄弟二匹を保護して、子猫が引き取られるまで、ゲージに入れておきました。すると、たいへんなことが起こりました。

 

f:id:mizue338:20181125100541j:plain

 

子猫が鳴くと、母猫がやってきて、外から鳴いたり窓を叩いたりするのです。

 

母猫の鳴き声を聞いた子猫は、激しく鳴きます。ゲージから抜けだそうと必死です。ガチャガチャとうるさいです。

 

窓を開けたら、母猫が入ってきました。

 

f:id:mizue338:20181125100615j:plain

 

普段、私の顔を見るだけで逃げてしまう母猫が、大胆にも家の中に入ってきます。それだけ必死なのでしょう。

 

そして、私に向かって、シャーと威嚇をします。怖い!

 

でも、二匹の子猫は無事、引き取られ、里親さんのもとへ旅立ちました。めでたし、めでたし、です。

 

 

鳴き声で近所迷惑になるので飼えない

 

私の住んでいる付近は、閑静な住宅街です。隣の家の会話が聞こえるほどです。

 

深夜、家の中と外で、子猫と母猫に鳴きわめかれたら、近所から苦情が殺到することは間違いありません。

 

なので、残された一匹の子猫(ウズラ猫)を飼うことを、あきらめました。

 

f:id:mizue338:20181125100750j:plain

 

ネットで里親を探すことも考えましたが、その場合でも、家で保護することが必要です。前記の理由で、それもできません。

 

このままだとウズラ猫は、野良猫のままです。かわいそうだと思いますが、仕方がありません。

 

他の二匹の子猫を里子に出せたことだけでも、喜ばしいことです。

 

少しでも野良猫が減ったことにより、ウズラ猫も住みやすくなったのではないかと思います。

 

お姉さんのウナギ猫(黒猫)がいるので、ウズラ猫もさみしくないでしょう。

 

f:id:mizue338:20181125100823j:plain

 

でも、困ったことに、里子に出したその日、母猫がオス猫(オヤジ猫)と交尾をしていました。この時期、メス猫は、発情しないのが普通です。

 

おそらく、子猫二匹を失ったストレスで、発情してしまったのかもしれません。

 

また子猫が生まれたら、困ります。

 

これ以上、かわいそうな子猫が増えないようにするため、私もできる範囲で、猫ボランティさんに協力していきます。

 

 

ひとこと

 

私の家の付近は、比較的、野良猫が住みやすいようです。

 

近くに公園があります。野良猫はそこでフンやオシッコをするので、糞尿被害が少ないようです。

 

f:id:mizue338:20181125100849j:plain

 

近くの商店街では、去年まで公然と野良猫にエサをやる人(ボランティアではない人)がいました。普通なら苦情がくるところですが、容認されているみたいです。

 

いまでも、この黒猫は商店街をうろついていますが、かわいがられているみたいです。

 

f:id:mizue338:20181125100909j:plain

 

ネズミの害を防いでくれるからかもしれませんね。