みずえのアレコレ話

健康と歴史の本の読書が好きです。仕事の合い間に小説も執筆中です。完成が楽しみです!

高杉晋作は、信長と逆のことをやって成功した?

 

f:id:mizue338:20170227213540j:plain

 

幕末の高杉晋作は、戦国時代の織田信長とのことを行い、成功させました。

 

織田信長は、当時、農民でもあった武士の農作業をやめさせ、専業武士にしました。「兵農分離政策」です。

 

これによって、本格的な訓練ができ、自在に操れる最強の軍ができたのです。

 

高杉晋作は逆に、農民や庶民、武士などが混成した部隊「奇兵隊」を創設しました。

 

もちろん、本業も兼ねた兵士の軍です。「兵農・庶・武結合政策」ともいえそうです。

 

信長とは正反対のことを晋作は行い、成功させたのです。

 

 

信長の専業武士は強かった

 

戦国時代、兵農分離による本格的な専業武士を備えていたのは、信長がだけです。専業武士の利点を活用して、信長は他の戦国大名を圧倒したのです。

 

敵国が農作業に忙しい時期でも、専業武士には農作業はありません。農作業中の敵を攻撃することができます。

 

戦が本職ですから、緊急の場合でも集結して軍を編成するのも容易です。敵からの奇襲、あるいは奇襲攻めを行う場合でも迅速に動けます。

 

f:id:mizue338:20170227213556j:plain

 

また、長槍鉄砲で編成した集団戦法を、普段から訓練することができ、戦場で効果的な攻撃が可能になります。

 

農民兵にはない機動力や組織力を最大限に発揮して、圧倒的な強さを発揮したのです。

 

農民と武士を分離することで、大きな攻撃力が確保できました。

 

 

幕末、武士は貴族化していた?

 

戦国時代が終わり江戸時代になると、戦のない平和な時代が続きました。

 

戦国時代と違い、武士の身分が確立され、農作業を兼業する武士はいなくなりました(郷士を除く)。そして、武士は貴族化して、戦う能力も徐々に失われていきました。

 

幕末、外国からの驚異が強まってきます。戦を経験していない武士階級は、旧態依然の制度に固守して改革に熱心でありません。

 

そんな状況を危惧していた人物がおりました。長州藩の吉田松陰です。

 

藩内で松下村塾という私塾を開いていた松陰は、『西洋歩兵論』など外国からの侵略を防ぐ方法について講義していたのです。

 

旧態依然とした戦国時代からの戦い方では、西洋の進んだ武器や戦法に敵いません。西洋と同じ水準まで日本も高めなければならない、ということを熱っぽく講義していました。

 

f:id:mizue338:20170227213625j:plain

 

その影響を受けた塾生の高杉晋作は、後に「奇兵隊」を創設したのです。農民や庶民を中心とした戦闘部隊です。奇兵隊では、鉄砲や大砲を使用した集団戦法を重視しました。

 

高貴な身分に安住していた武士階級と違い、庶民からなる奇兵隊の士気は高まります。農民や町民でも手柄をたてれば出世できるため、訓練も一所懸命にやり抜きました。

 

西洋式の訓練を受けた奇兵隊は、当時、最新の武器であるミニエー銃やスナイドル銃を扱って、大いに戦果を上げました。

 

そして、他の官軍とともに幕府軍を打ち破り、明治維新で大活躍したのです。

 

 

スポンサードリンク(Amazon電子書籍)

f:id:mizue338:20170227214231j:plain

 

 

ひとこと

 

明治政府が開かれると「徴兵制度」ができました。国民が兵役を担う義務を負うという制度です。

 

「奇兵隊」は志願制でしたが、一般人から兵を募る点で、近代的軍隊の先駆けといえるかもしれませんね(●^U^●)

 

アマゾンの配達が過酷!サービス精神が旺盛な日本?

 

f:id:mizue338:20170226214558j:plain

 

私もアマゾンでよく買い物をしますので、最近、ニュースでみかけるアマゾンの過酷過ぎる配送の実態が気になります。

 

たしかに注文して当日や翌日に商品が届くのは、たいへんありがたいです。でも、ニュースやドキュメントで配送員の方の苦労を知り、少し驚きました。

 

時々、夜の8時過ぎになって荷物が届くことがありました。「遅いな!」と口には出しませんでしたが、不満なこともありました。

 

配達員の方の過酷の現状を知ってからは、そんな不満を持つのが悪いような気がしてきました。

 

よく考えれば不思議なことです。なんでそんなに急いで商品を届けてもらう必要があるのでしょうか。

 

商品が2日か3日後に届いても、私の人生に大して影響はしません。

 

 

昔の配送は、サービスが悪かった

 

私の両親や祖父母の時代は、現在では考えられないくらい配送のサービスが悪かったのです。

 

大和運輸が「宅配便」のサービスを始める前は、郵便小包鉄道小荷物ぐらいしかありません。

 

荷物を送るときは、郵便局まで行って発送を申し込みます。荷物を受けとるときも、郵便局や駅まで行かなければなりません。

 

すごい面倒くさいですね!

 

配達日数もかかります。果物など生の食品類ですと、かなり痛んでいることもあったそうです。

 

この時代は、荷物の客側が過酷な状況にあったようです。

 

f:id:mizue338:20170226214630j:plain

 

ところが1976年1月20日、大和運輸(クロネコヤマト)の「宅配便」のサービスの出現によって、徐々に改善されていきました。

 

後に「宅配便」の運送会社も増え、競争の原理により、配送日数が短縮されサービスが向上していきます。

 

そしてネット通販全盛の現在、アマゾンの「お急ぎ便」ような超スピードの配送サービスまで現われました。

 

 

サービス精神が旺盛な日本

 

外国人が日本に訪れると、サービスの良さに驚くそうです。日本に住んでいると当たり前と思うことが、海外ではそうではないみたいです。

 

なぜ、日本はサービス精神が旺盛なのでしょうか。これはやはり島国であることが原因と考えられます。

 

島国なので、古来から同じ相手と商売をすることが多いです。すると信用を得ることが大事になります。信用があれば長くお客さんがついてくれるからです。

 

逆に信用を失えば、商売が成り立たなくなります。

 

f:id:mizue338:20170226214645j:plain

 

ライバルに負けないように信用を得るため、サービス精神が旺盛になったといわれています。

 

一方で古来から中国など大陸では、人の移動が激しいです。だから、島国の日本ほど信用を得るためのサービスに対して、熱心ではないようです。

 

日本では、サービスを受ける側は快適で、サービスを提供する側は過酷という場合が多いようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ひとこと

 

「宅配便」の仕事が過酷になる原因のひとつに、再配達の多さがあります。

 

あるドキュメントを見たら、宅配ボックスを増やしたり、コンビニを利用したりといろいろ検討がされています。

 

戸建ての家に、後から宅配ボックスを設置するのは難しいみたいです。

 

でも、ドローンを使って物干し場に荷物を届けるのはどうでしょうか。ダメかな?

 

(●^皿^●)

 

島津斉彬は、西郷隆盛と大久保利通の師だった!?

 

f:id:mizue338:20170225223604j:plain

 

西郷隆盛と大久保利通は、明治維新の元勲であり、長州の木戸孝允とともに「維新の三傑」と称される英傑です。

 

薩摩藩の第11代藩主である島津斉彬は、その二人の主君であり師でもあります。

 

島津斉彬は、あまり有名ではありませんが、頭が二つある、といわれたほど聡明な人物です。

 

幕末、斉彬は、日本で初めての蒸気船・雲行丸(うんこうまる)を建造しました。

 

その他、溶鉱炉・反射炉の建設、水雷・地雷・ガス灯・ガラスなどを製造しました。西洋の工業技術を積極的に取り入れていたのです。

 

後にイギリスの海軍が薩摩を攻めたとき、これを薩摩藩は見事に撃退しています。

 

当時、世界最強といわれたイギリス海軍を敗退させるほど、薩摩藩の工業技術とともに兵器の水準も高かったのです。

 

富国強兵に尽力した島津斉彬の功績ともいえるでしょう。

 

そして、西郷隆盛と大久保利通という維新で活躍した弟子も育てたのです。

 

 

西郷隆盛はカリスマ性と統率力があった

   

西郷隆盛は、たいへん人間的な魅力にあふれて人物で、カリスマ性がありました。

 

薩長連合や江戸無血開城など、西郷の統率力がなけれ成し得なかったといわれています。

 

江戸へ進軍中、官軍の駐留する駿府を訪れた山岡鉄舟と会談して、江戸無血開城を受け入れました。

 

降伏の条件で、山岡鉄舟から強い要求があり、官軍内でも激しく意見が分かれました。しかし、最後には西郷が官軍の意見をまとめ、鉄舟の要求を受け入れたのです。

 

f:id:mizue338:20170225223818j:plain

 

また、軍事の天才と称される大村益次郎を、官軍全体の司令官に任命したのは西郷でした。

 

大村益次郎は、誰に対しても遠慮がなく、たいへん無礼な言葉を吐く癖がありました。気性の激しい薩摩の将校に対しても、その態度は変わらず、恨みを買っていました。

 

「大村を司令官にするな!」との意見も多かったのです。

 

しかし、西郷が大村の軍事的才能の必要性を説き、官軍司令官として大村を認めさせました。

 

官軍内で意見が割れても、西郷の統率力によって一致団結することができたのです。

 

西郷のカリスマ性は偉大でした。

 

 

大久保利通は近代国家の基礎を築いた

 

幕末のころ、イギリスでは産業革命によって経済が発展していました。しかし、経済を市場原理に任せていたため、製品の粗悪品や偽物が出回ったり、詐欺などが横行していました。

 

それを反面教師にしたドイツは、経済を市場原理に任せるのではなく、国家が任命した官僚が管理する体制を整えていたのです。

 

近代国家を目指す日本にとって、ドイツの官僚主導体制を取り入れるべきだと大久保利通は考え、実行しました。

 

f:id:mizue338:20170225223830j:plain

 

また、武士の身分制度があっては、近代国家の構築は不可能と考え、武士身分を剥奪させ、徴兵制を導入しました。

 

この新制度に不満を持つ武士の反乱が相次ぎました。西南戦争では西郷が反乱軍の大将となり、大久保は盟友の命を奪うことになりました。

 

後に紀尾井坂で大久保は、不平士族6名によって暗殺されます。

 

西郷隆盛と大久保利通は、ともに日本の近代化のために戦ったのですが、いまでも西郷は人気があり、大久保は人気がありません。

 

でも、いつの時代も嫌われ役いないと、組織や国は良い方向にすすみませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ひとこと

 

西郷隆盛と大久保利通の陽と陰のキャラクターによって、薩摩藩は維新で大きな力を発揮したといえるでしょう。

 

また、その二人の弟子を育てた島津斉彬の功績も偉大ですね(●´I`●)

 

朝鮮半島では、古代から国を守るのに苦労していた?

 

f:id:mizue338:20170224233359j:plain

 

島国である日本は、古代から他国の侵略を受けず、独立を保つことができました。四方が海なので攻められにくかったのです。

 

ところが隣の朝鮮半島は、大陸と陸続きです。中国にも近いです。それでも中国の王朝から、ほとんど征服されることもなく、独立を保ってきました。

 

もちろん、日本のような完全な独立ではなく、中国王朝の属国の時代が多くを占めています。

 

大陸と陸続の朝鮮半島は、中国王朝を中心とした周辺国の影響を強く受けてきました。

 

 

中国が弱くなると朝鮮半島は強くなる

 

中国が朝鮮半島に領土を広げたのは、前漢王朝の武帝のころです。おそらく武帝の時代に朝鮮半島の西北部を領土にしたのが、最初で最後のようです。

 

武帝の時代以外は、朝鮮半島の国を属国として扱い、間接統治が主でした。

 

後漢王朝の時代になり国力が衰えると、周辺の国が勝手気儘になり、領土を広げるようになりました。

 

f:id:mizue338:20170224233415j:plain

 

中国東北部方面の高句麗が、半島にある後漢王朝の領土を削りとるようになります。後に半島に百済が興り、後漢王朝の勢力は半島から駆逐されました。

 

つまり、中国が内紛や分裂で力が弱くなると、半島にある国は強くなり、中国が統一王朝になると、半島にある国は弱くなるということです。

 

中国の統一王朝で力の強いときは、属国という立場で半島国は独立を保ちました。

 

 

朝鮮半島に進出した目的とは?

 

別の見方をすると、朝鮮半島は、領土にしたくなるほどの魅力がなかったともいえます。鉱物資源や農産物など他国が欲しがるほどではなかったのかもしれません。

 

豊臣秀吉が朝鮮を攻めたときの目的は、明へ攻め込むための道を借りるためでした。朝鮮の国そのものに魅力を感じたわけではありません。

 

明治から昭和にかけて日本が朝鮮を併合したのも、列強と呼ばれる国々からの驚異から守るためだとか。

 

f:id:mizue338:20170224233432j:plain

 

もし、朝鮮半島が列強の領土になってしまったら、次に隣国の日本が狙われます。列強に侵略される前に、日本の防衛のために併合したといわれています。

 

その後、第二次世界大戦で日本は降伏して、朝鮮の統治権を失いました。朝鮮半島は、韓国(大韓民国)と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の二国に分かれました。

 

近代から現代にかけて、朝鮮半島をとりまく環境は大きく変化したようです。

 

 

ひとこと

 

モンゴルが高麗を攻めたときは、高麗は約40年間にわたり抵抗しました。江華島に高麗の首都を移し、反抗しました。

 

遊牧騎馬民族のモンゴル軍は、海が苦手でした。それに対して、半島の国である高麗は、海戦が得意でした。

 

モンゴルと交戦中の高麗は、国王や文臣ではなく、武臣が権力を掌握していた武臣政権の時代でした。そのため主戦論が強く約40年間も戦い続けたのです。

 

その時代を描いたドラマ「武神」が見ごたえあります。普段は大人しくて真面目な主人公のキム・ジュンが怒ったときの迫力がすごいです。

 

モンゴル軍にも怯まない、勇猛な高麗の武人が描かれています(●^U^●)

 

 

>武神<ノーカット完全版> コンパクトDVD-BOX2<本格時代劇セレクション>[期間限定スペシャルプライス版] [ キム・ジュヒョク ]

価格:9,720円
(2017/2/24 23:34時点)
感想(0件)

 

奴婢から最高権力に地位まで昇りつめたキム・ジュンをとおして、モンゴルと高麗の攻防が見ものです!

 

 

大友宗麟と信長の宗教への考え方の違いとは?

 

f:id:mizue338:20170223225939j:plain

 

 

戦国時代、大友宗麟は九州の大半を制した戦国大名です。勇猛で知られる島津氏も、ある時期まで大友氏に敵いませんでした。

 

大友宗麟と織田信長の共通点は、両者ともキリスト教の宣教師を大事にして、西洋の進んだ技術を積極的に取り入れたところです。

 

しかし、宗教に対する基本的な考えには、大きな違いがありました。その違いが宗麟と信長の運命にも現われてくるのです。

 

 

仏教寺院を破壊した宗麟

 

大友宗麟は、キリスト教に対する信仰心が厚かったのかどうかは不明ですが、洗礼まで受けました。洗礼を受けた後の「耳川の戦い」で大敗します。

 

耳川の戦いは、大友宗麟と薩摩国の島津義久が、日向高城川原(宮崎県木城町)で激戦をくりひろげた戦です。

 

この大敗の後、大友宗麟の勢力は急速に衰退していきます。後に臼杵城に籠城して、滅亡寸前になりますが、豊臣秀長の軍によって救われます。

 

大敗の原因はいろいろあります。足利義昭の工作による毛利や龍造寺氏、長宗我部氏、薩摩氏の包囲網の影響ともいわれています。

 

また、大勢の大友家臣団が離反という説があります。

 

f:id:mizue338:20170223230135j:plain

 

家臣団の離反の原因の一つがキリスト教をめぐる対立です。日本に古来がら存在する仏教を信仰する家臣が、キリスト教を大切にして仏教を見限った宗麟に反発したのです。

 

主君の宗麟が、領内のキリスト教の布教を許し、神社仏閣の徹底的な破壊を行っています。寺院の破壊だけでなく、経典や仏像の破壊までしました。

 

仏教の僧にあるまじき贅沢や退廃を嫌っての破壊行為でもありますが、これには多くの家臣が憤慨したのです。

 

結果として、多数の家臣団の離反を招き、大友氏が衰退する大きな原因となったのです。

 

 

信長は、どの宗教の存在も認めていた

 

領土拡大のため、仕方なく石山本願寺門徒や延暦寺の僧兵と戦いましたが、信長は宗教そのものを否定したわけではありません。

 

権力に口出しさえしなければ、どの宗教も認めていました。強制的に特定の宗教の信仰を強制したり、その逆もしません。

 

民衆から信教の自由を奪う権力者は、民衆から支持されないと、信長は考えていたようです。

 

f:id:mizue338:20170223230149j:plain

 

合理的に事を進める信長は、そんな非効率なことはしません。もちろん、家臣に対してもです。

 

むしろ、民衆が安心して自由に信仰ができる世を目指してしたのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク(アマゾン電子書籍)

f:id:mizue338:20170227214231j:plain

 

 

ひとこと

 

追い詰められた大友宗麟は、後に信長の助けを求めるようになります。

 

このとき信長は、日本の中央部の大半を支配していました。片や宗麟は、限りなく滅亡に近い状態でした。

 

権力で信仰の自由を奪った宗麟と、奪わなかった信長との差が大きく開いてしまったようですね。

 

(●^U^●)

 

毛利輝元は、関が原の戦いで「無能」だったのか?

 

f:id:mizue338:20170221214413j:plain

 

関が原の戦で毛利輝元は戦わず敗れました。大阪城に3万ほどの兵を温存したまま、関が原には侵攻せず、むざむざ負けたのです。

 

毛利輝元が3万の兵を率いて関が原へ出陣すれば、西軍が勝っていたといわれています。

 

そのため輝元は「無能」のレッテルが貼られたことで有名です。

 

しかし、本当に「無能」だったのでしょうか。見方を変えれば、当時の難しい状況の中で、最善の選択をしたともいえます。

 

その証拠に毛利家は幕末まで存続して、多くの倒幕の志士を生みます。明治維新後には、日本初の総理大臣である伊藤博文まで輩出したのです。

 

関が原の戦いで、輝元の的確な決断がなければ、後の明治維新の成功もなかったかもしれません。

 

 

祖父の家訓を守った毛利輝元

 

関が原の戦の当時、毛利家は約120万石の広大な領地がありました。もともとは安芸(広島県西部)の小さな国人領主で、大内氏と尼子氏に圧迫されていました。

 

しかし、輝元の祖父である毛利元就の代で、大内氏と尼子氏を滅ぼし、中国の覇者となりました。支配する領地も200万石(150万石の説もあり)ちかくになります。

 

元就が中国を制覇したときは、すでに日本各地に大勢力が天下とりに向かってしのぎを削っていました。

 

f:id:mizue338:20170221214526j:plain

 

広大な領地を持つ毛利家ですが、元就は天下を望みませんでした。

 

それまでの苦難に満ちた経験から、天下争奪戦に毛利家が参加したら、滅亡する可能性が極めて高い、と判断したのです。

 

だから、元就は、自分の息子や孫にも天下を望んではならない、と強く戒めました。

 

天下を制覇しそうな大勢力と手を組み、毛利家を存続させることを何よりも優先させたのです。

 

そのため、「領地が半分、あるいはさらに半分になっても、安芸の小領主だったころよりも大きい領地が残る。それで満足しろ」とまで元就は言いました。

 

輝元は、その祖父の教えを忠実に守り、毛利家を存続させることに成功したのです。

 

 

生き残りをかけた毛利輝元

 

関が原で、輝元の甥である吉川広家は、家康の味方になりました。総大将の輝元は、大阪城で動かずいたのです。

 

この行動は、西軍か東軍のどちらかが勝利しても、勝った側の下で、なんとか毛利家を存続させるための苦肉の策です。

 

事実、紆余曲折の跡、毛利家は大幅に領地を削られましたが、約38万石の大名として周防国と長門国(山口県)で家を保つことができたのです。

 

もし、仮に輝元が3万の兵を率いて関が原の戦に参加し、西軍が勝利したらその後はいったいどうなっていたでしょうか。おそらく日本全体が乱世に逆戻りしたはずです。

 

f:id:mizue338:20170221214544j:plain

 

家康の息子である徳川秀忠は、関が原の戦に間に合わず、約3万の兵を温存しています。関東の江戸城には家康の次男、結城秀康が控えています。

 

日本各地には、伊達政宗や島津義久のような野心家が少なくありません。

 

最も恐ろしいのが、当時、九州の大半をほぼ制圧した黒田官兵衛です。豊臣秀吉も恐れた怪物のような官兵衛が、漁夫の利を虎視眈々と狙っているのです。

 

この状況下で天下争奪の乱戦に参加するのは、たいへんなリスクが伴います。

 

やはり、おじいさんの言いつけを守った輝元の判断は、正しかったようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ひとこと

 

もし、毛利輝元が、はっきりと東軍に味方していたら、どうなっていたでしょうか。

 

味方でも家康は、毛利家120万石の大領をそのままにはしておかなかったはずです。

 

いずれにしろ領土が削られることは、間違いないなかったでしょうね(●^□^●)

 

パソコンの故障の予防対策して少し安心した?

 

f:id:mizue338:20170220222242j:plain

 

ブログの記事を書いているときに、突然、パソコンが故障すると嫌ですね。ほとんど完成していた記事が消えてしますこともあります。

 

パソコンの故障で何度も痛い目に合っている私は、できる範囲で予防を心がけています。

 

 LANケーブルで接続したハードディスクにデーターを保存

 

パソコンが故障して困るのは、データーが消えてしまうことです。パソコン一台だけに大切な情報を保存していると、一発ですべてが消滅します。

 

だから、現在はネットワークHDD(NAS)を2台、使っています。LANケーブルでパソコンと接続する自宅内ネットワーク上のハードディスクです。

 

このネットワークHDD1台には2個のハードディスク(HD)が内臓されています。

 

一つのデーターを2個の内臓されたHDに、同時に保存(ミラーリング)します。片方のHDが故障しても安心です。

 

f:id:mizue338:20170220222710j:plain

 

そのネットワークHDDが2台もあるのですから、やり過ぎかな、と自分でも思ったりします。

 

しかし、昨年の秋、パソコンを初期化してデーターをすべて消しましたが、2台のネットワークHDDにデーターが保存できたので、安心して行えました。

 

問題は、ネットワークHDD内臓用のHD1個の価格が高いことです。一年前ぐらいに故障したとき、そのHD1個を購入して交換しました。純製品で価格が1万円ぐらいしました。

 

正直、高いと思いました。中古の外付けHDが1個、買えるぐらいの値段です。といって中古や非純製品は、リスクがあるので購入したくはありません。

 

ネットワークHDD本体の寿命が尽きたなら、別の安い同HDDにするかクラウドに保存することを考えています。

 

IT関連機器は日進月歩で進歩していますから、より低下で効果的な機器を探します。

 

 

熱、湿気、ゴミ、雷への対策をしています

 

パソコンや周辺機器の敵は、熱や湿気、ゴミ、雷などです。とくに熱は大敵です。

 

以前、職場でハブやルーターを「おせんべい」の空き箱に入れていましたが、しばらくして壊れました。空き箱の中で熱が高くなったのが原因のようです。

 

修理にきた技術員の方から、電子機器は熱に弱いので、涼しい場所に設置するようアドバイスを受けました。

 

f:id:mizue338:20170220222804j:plain

 

なので、自宅のパソコン関連の電子機器は、熱がこもらない場所に置いています。ハブやルーターの上側も、左右の横側も空間だらけです。

 

次に湿気にも注意が必要です。冬、加湿機を使いますが、電子機器に近づけないようにしています。とくに超音波式の加湿機を近づけると、湿気による悪影響が大きいそうです。

 

湿度計で部屋の湿度をチェックして、パソコンや周辺機器の健康も管理しています。

 

f:id:mizue338:20170220222816j:plain

 

また、可能な範囲でパソコンのゴミを掃除しています。掃除で故障する場合もあるので、マニュアルを読んでから行ったほうがいいですね。

 

パソコンや周辺機器の電源タップは、雷ガード機能付きを使用しています。

 

直接、雷が落ちなくても、近所に落ちただけで電子機器が故障する場合があります。雷ガード機能は必須だと思っています。

 

在宅中に雷のゴロゴロを聞いたときは、念のためパソコンや周辺機器の電源を切っています。ちょっと面倒くさいですが。

 

 

 スポンサードリンク

 

ひとこと

 

現在、時間と費用の効率を考え、予備パソコンをスタンバイさせています。普段、使用しているパソコンと同メーカーの同型番です。どちらも中古品のディスクトップなので価格が安いです。

 

予備パソコンは食卓テーブルの前に置いて、ごはんを食べながら動画をよく見ています。

 

ディスクトップなので、ある程度は自分で交換や修理ができます。壊れたパソコンでも部分的に使える場合があります。

 

ノートパソコンと比べて場所をとりますが、自宅ではディスクトップが安くて便利ですね。

 

(★ ̄∀ ̄★)